19322J002_TP_V

当時、私には付き合い始めた彼氏がいました。 
初めての彼氏だった私は、ほぼ毎晩のように彼氏と長電話をしていました。 
ある晩の日、私と彼氏は夏祭りに神社も行こうという話をしてました。 

私は、あそこの神社毎年カップルだらけなんだよ~。 
などとたわいもない話をしてるとき 
ふと自分の過去の体験を思い出して、それを彼氏に話し出しました。 

ねー私ね、小学三年生ころのとき 
あそこの神社で友達と肝試ししたの。 
その日はなんともなく、みんなで肝試しをして終わったんだけど 
次の日、学校に行ったら霊感もってる友達に突然 
昨日なんかした?憑れてきちゃってるよ!って言われたの。 

まー幼かったから、きっと友達が嘘言ってるだけって思ってたんだけど 
ここは話しにのろうと思って 
え?ホントに!?って驚いて怖がってるフリしたの。 

そしたらね友達が、 
うん、女の人だよ。って言うのー笑笑 
と女の人と言った瞬間、ブチっ!、、ザーザー

と突然電話の向こうが繋がらなくなったのです。 
ずっとテレビが映らなくなったときのザーザーという音だけが聞こえるのです。 

私は、もしもし?もしもし? 
とひたすら音の向こう彼氏に問いかけました。 

もしもし?とひたすら言ってると 
ザーという音の中に一言、低い声で聞こえたのです。 

ちがう、、。と。 
あれはまるっきり彼氏の声ではありませんでした。 

それが聞こえたあと、すぐに電話の電波はなおり 
もしもし?おーい?と私に問いかける彼氏の声が聞こえました。 

私は慌てて、もしもし!?ねー今さ!男の人入ってこなかった? 
え、男の人?ザーザーってはなったけど、声とかは聞こえなかったけど。 
それじゃあ、あれは私にだけ聞こえた声? 
私が女の人っていったから、ちがう男だよって言いにきたの? 

ケータイ同士の電話でまず、ザーとなるわけがない。 

私たちは恐怖を感じ、それ以来 
電話で怖い話をするのはやめました。