tokunoshimaIMGL4809_TP_V

同僚に、自分が幽霊にさらわれそうになった時の話をしたら 
お返しにいろんなオカ体験を話してくれた。 
「自分は祓ったりはできないけど、見たり感じたりすることはできる」と前置きしたうえで。 
TVの怪談スペシャルで見るような壮絶な体験談をいろいろされたが、 
一番印象に残ったのは以下の話。

同僚が見える人だと知って、いろんな友達とかが心霊相談をしに来る時期があったらしい。 
大抵は何もついておらず「何もないよ」で帰していたのだが、 
一人ガチでやばそうな影をしょっている人が来た。 

同僚は正直に、 
「確かに霊みたいなのがついている。気休めにしかならないけど塩あげるよ。 
不幸が続くようなら本格的にお祓いしてもらいな」 
と言って、一握りの塩をあげた。 

それから一年後、相談者から電話があった。 

「なんかあの塩持ってるのばかばかしくなっちゃってさ、捨てていい?」 
「ただの気休めって言ったじゃんw捨てていいよww」 

そのやり取りの 次 の 日 。 

相談者は首都高で壁に突っ込んだ。車大破。本人骨折しまくるも、命は無事だったらしい。 
後日、相談者から再び電話があった。 
「ごめ・・・もう一回、あの塩くれない・・・?」 
「いや、俺があげたの清めの塩とかじゃねーし!塩がほしけりゃその辺のスーパーで買えよww」 

兎に角この一件以降、素人が心霊相談受けてもなんにもならんと実感し、 
すべての相談を断るようになったそうだ。 

しかし同僚よ・・・俺、お前には祓う力もあるように思えてならないんだが・・・