Photoelly023_TP_V

俺を産んでから1~2日くらい?カーチャンが産後でまだ入院してた日の夜。 
カーチャンは急に金縛りにあったらしい。 
体動かないし声も出ないしで軽くパニくっていると、横のベビーベッド(中には俺)の方からなんだかヒソヒソ話をする声が聞こえた。 

必死に視線だけそっちにやると、ベビーベッドの周りを青白い顔をしたジジババが何人も取り囲み、 
「この子かな、この子だね・・・」とヒソヒソしていたらしい。 
うちの子が何?ていうかあんたら何!?うちの子をどうするつもり!!? 
完全にパニくったカーチャンは、それでも初めての子を奪われまいと、金縛り状態から 
根性で「連れてかないで!」とだけ声を絞り出したそうな。 

その瞬間、ジジババたちはサーっと消えたそうだ。 
次の日カーチャンは自分のカーチャン(つまり俺のバーチャンな)に相談した。 
バーチャンは「そういう時はね、(俺)の枕元にハサミを置くのよ」と言われたらしい。 
で、ハサミを置いたら実際にジジババは出なくなったらしい。

ついでなので、俺が霊の声を聞いたかもしれない話もするよ。 
ジーチャンが手術で入院した時のこと。手術が無事終わった後、俺とカーチャンはホテルに泊まって。 
バーチャンはジーチャンに付き添って、同じ病室に泊まったんだ。 

で、俺はカーチャンに言われてバーチャンに晩飯の弁当を持って行ったんだ。 
夜8時か9時ごろだったかな。面会時間はもう終了してて、裏口からこっそり入ったんだ。 
常夜灯だけの病院の廊下を、弁当ひっさげて歩いていると、「ねえっ!」と声をかけられたんだ。 
思わず「えっ?」と振り向いても誰もいないし、何かが動いた様子もない。 
きょろきょろと周りを見ても、壁のシミが人の形に!とか、怪談でありがちな異変もない。 
小さな女の子っぽい声だった。病室から離れた場所で幼女の声を聴くはずもない。 
不思議だなあと思いつつ、弁当をバーチャンに届け、カーチャンに 
「俺今、霊の声を聴いたかもしれないww」と報告したところ、「ふうん、あの病院まだ出るんだ」 
と言われ、そのうえで上記の話をしてくれた。 
その病院、カーチャンが俺を産むときに入院していた病院だった。 
(田舎だから大きい病院がそこしかないんだよね)

プラシーボ効果pgrされる前に言っておくけど、カーチャンは 
「産後で気が立っていて、変なものを見ただけかもしれないね」と言っていたし、 
ハサミを置いてから消えたってのはまさしくプラシーボ効果のキキメ?だった可能性がある。 
俺のに至っては「空耳乙」で終わる話だし、霊感がないからそれらがなんだったのか 
まったくもってわからん。 

でも、あの病院には俺を待ってるナニかが、まだいるのかもしれない・・・ 
とちょっと思ってしまったよ。 

・・・オチをつけると途端に嘘くさくなるね(笑)でも本当の事なんだ。 
ここまで読んでくれた人、ありがとう。