014KAI319_TP_V (1)

私には幼い頃から何人かの「見えない友人」が居た。 
幼いころにそういう、自分だけにしか見えてない友達が居るっていうのは結構よくあることだと思う。 
だけど、私は中学生になっても高校生になってもそれが見えていた。 
小学高学年ぐらいで「見えない友人が居るのは頭がオカシイ扱いされることなんだ」と気づいて周りには一切言わなくなったけど、幼いころから中学にかけては6人、今は1人の「見えない友人」が、私のそばにいる。
 
我が家は、遊びはそれなりに赦されたごく普通の家庭環境ではあったけど、両親共に生真面目で、勉強面や礼儀作法、進路の面で激しく抑圧されていた。 
だから、彼はてっきりその過程で生まれた、どちらかというと精神科の管轄の存在なのだと思っていたが、ここ最近、とてもただの妄想から生まれた存在とは思えないヘンな現象が起きるようになってしまった。 

二年前の夏、我が家を含むご近所さんはは夜中になると何処からとも無く大騒ぎする声と何かが燃える音とバイクの音が響き渡ることに困らされていた。 
家族は若者が騒いでいるんだろうとアタリをつけ警察に相談していたようだけど、その音の主は生きた人間ではなかった。 
「彼」いわく、アレはここから繋がる国道で事故を起こしたバイクに、君の友達の家に放火した男が相乗りしているんですよ、と。 

言われるまで忘れていたが、私が小学生の時、確かに友人の家が数軒、放火されたことがあった。そして、その友人の家は、すべて私の家の前を通る道から直接繋がる通りにある。 

放火事件の犯人は自殺したという噂が子どもたちの間でまことしやかに囁かれてはいたが、まさか本当に死んでいたとは…と当時は驚いた記憶がある。 
そして、長く最寄りの自動車の修理工場で務めている友人の兄に聞いたところ、確かに近くの国道で数年前に大きなバイク事故があったのだそうだ。 
無免許の改造バイクがガードレールにつっこみ大破し、更に其処に止まりきれなかった後続車がつっこみ更に大破という玉突き事故だったらしい。

「彼」のいうにはその改造バイクに乗っていた男女のうしろに、放火魔がくっついてまわっていて、彼らは毎晩大騒ぎしながら何かから逃げているみたいだという。

「え?そのバカなカップルが放火魔から逃げてるってこと?何で?」 
「名無しさん、違います。(彼は何故か私に(本名)さん、といちいち呼びかける癖がある)放火魔も逃げているのです」 
「何から?」 
「わかりませんが、それもヒトです。関係が見えないけど」 
「ユーレイが知らないユーレイをおいかけてんの?」 
「そういうことです。変質者でしょうか」 
「ユーレイにも変質者っているわけ?」 
「生きてた時変質者だったら、死んでも変質者かも。私はわかりません」 
「ふーん。でも、そこで関係が完結してるってことは、こっちには被害及ばないってことだよね」 
「はい。だから、名無しさんは安心していい、今回の「コレ」は、生きた人間はあまり関係ないことだと思います」 

といったような会話を交わした数日後。 
私は用事から帰宅した深夜、iTunesカードを補充するため自転車でコンビニに行こうとしていた。 
そろそろいつもの現象が起こり始める時間だとは思ったけど、どうせまた何処からともなく妙な音が聞こえてくるだけだ。 
当時私の自転車はライトが壊れていたが、街灯の光もあるし大丈夫と思い、イヤホンをつけ、さあでようとした瞬間。

がっしゃーんばりばりばり!!!という音があたりに響き渡った。 
家から寝ていたはずの両親が飛び出してきて、近所の家からも人がでてきた。それほどすさまじい音だった。私は呆然と立ち尽くした。 
しかし、あたりにはおかしなところは何もないし、近くで事故が起こったような痕跡もない。 
誰かが警察を呼んだらしくあとから交番のおじさんとパトカーが来ていたけど、結局何も見つからなかったそうだ。 
そして、その日を境に、あの深夜のエンジン音や騒ぐ声、何かが燃えるような音は、すべてやんだ。 

私はその理由を知っている。あの日、私は騒音に呆然と立ち尽くしていたわけじゃない。 
私の目の前に、血まみれの「彼」が突っ立っていたからだ。 
謎の轟音の後、自室に戻ってすぐ私は「彼」を問い詰めた。「あれはアンタがやったの?」と。 
しかし、「彼」は自慢するように言った。 
「そうです。追いかけていたのは変質者ではなかったんです」 
曰く、彼の言葉を信じるならば、暴走族と放火魔をおいかけていたのは真っ黒焦げの円盤のようなもので、でもそれはヒトの霊だったらしい。 
そして、彼はその円盤がしゃべる言葉を偶然聞いた。 
「止まりなさい!警 察 で す !」と。

更に良く見れば実際追いかけられていたのは暴走族と変質者だけではなく、もっと多くの何かの塊のようなものだったという。 
大騒ぎするような声は、その塊の発していたものだったらしい。 
円盤が警察だとすれば、彼は犯罪者をおいかけていたのだ。暴走族と放火魔をはじめ、たくさんの悪い奴らの塊をおいかけていたのだ。 
「名無しさんは、あのヒトの前でイヤホンをつけたまま、ライトの切れた自転車に乗ろうとしたんだ。それはとてもあぶないことでしたから」 
本人曰く「ちょっと細工」をして・・・・・・事故が起きた。 
あの轟音は、車の衝突音だったわけだ。 

その後自動車工場の兄ちゃんにせがんでこっそり聞いた話だが、暴走族の後続車に乗っていたのは、となり町に勤務している巡査だったらしい。 
そして、その車からはどうしてもハンドルが発見されなかったため、とても不思議がられたのだそうだ。 
あの円盤のように見えたのは・・・

「私は名無しさんを守ったんだ」と「彼」は言った。 
しかし、その事故を起こした幽霊達は、一体どうなってしまったんだろうか? 
三途の川へ行けたのか、あるいはユーレイになってまでまた死を迎えて消えてしまったのか。 
「彼」ならともかく、私には知る由もない。 


これが「彼」に関する、一番怪談話っぽい事件を、ちょっとお話仕立てにしてみたもの。 
他にもいくつか経験しているけど、運転中にワープしたり予知夢見たりとかちょっと地味。 
「彼」が今何をしているのかというと、私の横で、笑顔で、この文章を監修している。