kazukihiro512074_TP_V

小学生の頃、自室で寝ていると夢の中で足を引っ張られました。 
夢の中の自分はやはり自室で布団で眠っており、寝ている布団の中で足を引っ張られています。 

足を見てみると黒い手がガッシリと自分の足を握っています。 
驚いて手を振り払おうとしてもビクともしません。 
このままではどうなるかと思い布団をめくって手の先を見ると入口のドアが無くなり 
黒い空間になっていました。その空間が手となって自分の足を握っているのです。 
唖然と入口を見つめていると、ズルっと空間に向かって引っ張られました。 
うわっと声を上げた瞬間、夢から覚めることが出来ました。 
夢だったんだと安心したのですが、自分は布団ではなく 
布団の外で目が覚めました。 
掛け布団は乱れてなく、もし布団で寝ていて足を猛烈な力で扉の方に引っ張られたら 
こんな状況だろうという体勢で。

自室ではもう一つ。 
中学生の頃、部屋の模様替えをしていました。 
調子に乗って色々動かすうちに夜になり、寝る場所が無くなりました。 
何とか物を動かし寝場所を確保したのですが、いつもと違う方向で寝る事になりました。 
普段は東の方に枕があるのですが、この日は南の方に頭を向けました。 
私の部屋は東側にベランダ、西に部屋の入り口のドアがあります。 
疲れたしよく眠れるだろうと寝たのですが、夜中にふと目が覚めました。 
なんでだろうと考えていたのですが、眠気が吹き飛んだようでした。 
時計を見ると3時を少し回っていました。 
朝起きれなかったらどうしようとぼんやり天井を見上げていたら、 
黒い塊がヒュッと飛んでいきました。ベランダから扉に向かって。

今のはなんだろう?と考えていると、またヒュッと飛んできました。 
その時目が合ってしまいました。黒い塊に付いている顔と目があったのです。 
ハッキリとは見えなかったのですが、顔は男性の顔でした。ただ生気がない顔。 
最初に飛んできた時には顔は無く、黒い塊だったのですが二回目にはあったのです。 
私は怖くなり、布団をかぶりました。気がつくと朝を迎えていました。 
変なのみたな~と思いリビングに行くといつもと少し様子が違いました。 
母親が電話で何か話しています。 
電話を置くと、「裏のおじさん、夜に無くなったからお通夜の準備手伝う事になった」 
と言われました。 
黒い塊に付いてた顔はもしかしたらおじさんだったのかな? 
という事は、あの黒い塊はお迎え(死神)っだったのかな? 
これ以降、南向きで寝る事はしていません。