KM19322A039_TP_V

親の仕事の都合で夜は一人で過ごすことがほとんどでした。 
家は国道沿いでしたが、国道の向こうは海。田舎なので夜は人気は全くと言っていいほどありません。 

いつものように、居間でネコをモフモフしながら深夜番組を見ていたときです。 
国道に面した居間の窓からコンコン…とノックのような音が聞こえました。 
少々風が強かった事もあり気にせずテレビを見ていました。 

すると今度は隣の部屋の窓からコンコン…と聞こえます。 
数分後、玄関からコンコン… 
そして勝手口、キッチンの窓と続き、 家を一周しているような感じでした。 

それでもあまり気にせずにいたのですが、また居間の窓がコンコン… 
そこからペースが上がりまた一周、また一周と家の外をグルグル回っていました。 

さすがに風ではないだろうと思い、玄関を少し覗きました。(ガラスの引戸なので外が見えます) 

コンコン…玄関ドアから聞こえますが誰もいない。そのまま玄関ドアを見ながら一周待ってみました。 
コンコン…やっぱり何も見えない。 
さすがに怖くなり居間に戻りました。

居間にいたネコも落ち着かない様子でした。 
まだコンコン…コンコン…コンコン…と回っています。 

声も出せずしばらく固まってしまいました。 
しかし、このまま居間にいてはマズイ気がしました。二階の自分の部屋へ逃げようとネコを抱えました。 
二階への階段は玄関を横切らなければ行けません。 
なので玄関の次の勝手口のノックが聞こえた瞬間、部屋まで猛ダッシュしました。

電気も点けず自室でネコを抱いたまま耳をすましました。 

コンコン…コンコン…コンコン…コンコン…まだグルグル回っています。 
私は二階の窓から下を覗きました。 

私の部屋は居間の真上なので、誰かいれば見えるはず。 

…いない。コンコン…コンコン…聞こるのに誰もいません。 
いよいよパニック寸前です。 

ネコもフーフー唸っています。 
幽霊か、人間か分からないけど早くどっか行ってくれと涙目です。

しばらくすると、またゆっくりコンコン…コンコン… と回り始め、静かになりました。 
ネコも落ち着いてきたので、もう寝ようとベッドに入ろうとした瞬間 

コンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン… 

一斉に一階の窓を叩くような音がしはじめました。またネコも毛を逆立てながら唸っています。 

何このありがちな展開!と思いながらも布団に潜り込み恐怖で涙が出てきます。

しまいにはドンドンッドンドンッと強く叩きはじめました。 

うわぁああ!なんなのもう無理だから帰って!お願いお願いと小さく呟いていました。 
どれほど時間がたったかわかりませんが、窓を叩く音も聞こえなくなり明け方母親が帰ってきました。 

この現象はこれ以降なかったんですがなんだったんでしょう?誰かのイタズラなのか、海から何か来たのか霊現象なのかわかりません。