naganoharaFTHG3189_TP_V

福島県天○村のどこかの林道の小さなトンネルで起こったと言われてる話 
ある事務員の女性が午後1時過ぎぐらいに、車で木々に囲まれた小さな自動車道を走って、とある短めのトンネルに差しかかった。  

トンネルに入り、抜けようとしたらトンネル内の道路の中央に、小学生、4から6学年くらいの男の子が立っていた。 
女性が車を停止させると男の子は微笑みながら女性に向けて手招きをはじめた。 

なんだろうと思った女性は車から降りて男の子の方に歩みより、 

「どうしたの僕?・・・ 
と言いかけたそのとき 
男の子は手招きを止め、手を降ろした。 

男の子の足元に何かが落ちた。一瞬の見間違えかと思った。だが確かだった。 
男の子の頭が、もぎ取れたように地面に落ちて揺れていた。 

女性はあまりの出来事に立ちすくんだ。男の子の頭の揺れが止まった。頭に目をやっていたら、ゆっくり回転してこっちに顔を向けたので、視線が合ってしまった。 
ぞっとしたのも束の間、 
男の子の首は女性のほうに転がり出した。 

女性は小さな悲鳴を上げ、20mは離れていた男の子の立つ地点から、その首が5mぐらいまでに近づいてきたとき、後ろに向いて走り出して車に戻った。 

急いでバックさせ、トンネルを出ると元来た道を戻って本来休日に遊びにいった帰りの近道になるはずだったその道を避け、町中を遠回りして無事帰宅した。         

女性は周りの人たちにその出来事を話した。見間違えなどではなかった。 

数週間たった明るい日に、親しい同僚たちに車に同乗してもらい、そのトンネルを再び訪れた。 
トンネルに入ったがその時はなにも起こらず通り抜けることができた。 

出口から数mの地点で一時停止し、トンネルを見返したが誰もいなかった。 
車を再び走らせた。 

「さすがに二人以上じゃねえ」  

なんとなく気になって来てみたが最後の訪問で、もうこの場には行かないだろう、運転しながら気がふっきれようとしたその時  
ミラーに映る離れていくトンネルの中に手招きして立っている男の子が、距離につれて小さくなっていくのが見えた。