181117-0023_TP_V

小学校4年生の頃、クラスメイトの一人(以下K君)が心霊写真を100枚ほど学校に持ってきた。 夏休み明けで、自由研究の資料だと言うが、私が見ても他の人が見ても何も怪しいものは写っていない。 

皆は気味悪がった。K君が言うには見えない人でも目を凝らせば見えるという事だったので 
私たちのグループは面白がってその写真を借りた。私が借りたのはただただ真っ白な写真だった。 
「その写真が一番怖いし不思議だよ~」とK君は笑いながら言ってた。 
他の写真の方が私には怖く見えた。お墓で撮影したものや滝で撮影したもの。廃墟らしき建物のお風呂や台所の写真などがあった。 

家に帰って目を凝らして見てもただただ真っ白な写真だったし私はすぐに飽きてテーブルの上にその写真をほったらかしてた。 
しばらくすると母が帰ってきて夕飯の支度をするためにテーブルを拭きはじめた。 
「この写真どうしたん?」と優しく私に聞く。私は借り物だと答えた。 
母は、その写真を半紙のようなもので掴み取り丁寧にくるんで窓辺に酒と塩と一緒に置いて、どこかへ電話をかけた。 
しばらくすると4人の大人が来て夕飯を食べてる最中に連れてかれた。 

普通のマンションのような部屋へ連れていかれ、桶に入った水で手を洗えと言われ、お経のようなものを詠む大人たち。 
しばらくして私は怖くなった。特に意味は無かったがお経が怖かったのだと思う。 
そして家に帰され夕飯を食べた。 それから一週間ほどして写真が返ってきた。 
私はK君に写真を返したが中身は怖くて確認していなかった。 

K君は返ってきた写真を見て満面の笑みで「ありがとう」と私に礼を言った。 
恐る恐る写真を見るがそこにはK君の家の縁側が写っているだけだった。 
K君曰く、そこには祖父が寝そべっているそうだが真偽はわからない。 

未だにあの写真が何だったのか分からないのと手を洗いながらお経を詠むなんてお祓いは、調べてみても無かったし 
何がどうなっているのか本当に不思議でした。分かる方がいたら教えてください。 
ちなみに母に聞いても何も教えてくれませんでした。知らなくていいの一点張りで。