PAK423191_TP_V

昨日の会社での出来事。 
仕事が終わったのが午後10時で、残ってるのが俺一人だったから 
最後の人はセコムをかけることになってるので、5階にあるセキュリティの 
装置を起動。 

すると、2階に異常あり(鍵の閉まってない個所)というエラーが出たので 
しぶしぶエレベーターで2階に移動。 

フロアを一通り見て回ったんだけど、とくに問題なさそうだったんで 
センサー異常かなと思い、念のために窓や扉を一度開けてから 
もう一度締め直した。 
それで、またセキュリティをかけにエレベーターで5階に移動。 

エレベーターを降りようとして、ふと見ると 
5階のボタンを押したし、エレベーターがあがってる感覚もあったのに 
どう見ても、自分がいまいるのは2階。 

「はぁ?」 

ちょっと不審に思いつつも、自分が5階を押したつもりが2階を押していたとか 
なんか、そんなんだろうと思い、再度5階を押して移動。 

今度は確かに5階を押したぞ、と思いつつ 
エレベーターが開いたら、やっぱり2階。 

もう一度、5階に移動を試して、3度目の正直で5階に移動できたんだけど 
あれはなんだったんだろうかと、いまだに疑問。 

今の会社はこんなオカルトな話はとくに社内ではきかないし 
お盆っていう時期的なものだったのか。