SAWA_asariiri_TP_V

日本昔話の中にある話によく似た、実際にあった話。 
知人の釣り好きのおっさんが、友達7~8人と奥多摩だかへ釣りに行った。 

夜釣りをするので夕方、持参の弁当で腹ごしらえをする。 
そろそろ薄暗くなるころのことで、食べながらふとみると近所の子供だろうか、男の子が一人木の間がくれにうろうろしている。 

恥ずかしそうにこっちを覗いたり、かくれたり、モジモジしている。 
仲間の一人が「腹減ってんの?これあげるから、もう帰んな。おうちは近いの?」と聞きながらおにぎりを渡した。 

子供はうなずきながら近寄ってきて受け取ったが、姿かたちに違和感のない5歳ぐらいのフツーの子。 
奥多摩は考えられないような山奥にも人家があるから、みんな気にしないで釣りを始めた。 

それぞれに釣果があり、夢中になって時間を忘れた。 
深夜になり、アガリも一段落したころ、仲間の一人が大きくて形のいい岩魚を釣り上げたので 
それをさばいて食べようということになった。 

釣り上げた本人が得々としてナイフを入れたが、ギョッとして「おい、変だぞ」という。 
見ると、腹から飯粒が見え、巻いていた海苔らしき物もある。 
全員が夕方の子供におにぎりをやったことを思い出して、気味悪く思い確認したが、間違いなく飯粒だった。 

具のタラコも岩魚の卵とは明らかにちがうものだった。 

とにかく全員が釣り上げた魚を渓流にもどし、荷物をまとめて撤収した。 
それっきり、奥多摩には行かないし、夜釣りもしていないという。 

知人のおっさんはマジメな人でウソ偽りを言う人でもなく、第一、日本昔話は知らなかった。