RED19515A001_TP_V
昔、仕事で東南アジアの山に籠もっていた時のことらしい。 
現地の連れと一緒に歩いていると、道の傍ら奥の木に何かぶら下がっていた。 

立ち止まって確認してみると、それは白いハンモックだった。 

「何でこんな人も来ないような山奥に、こんな物があるんだ?」 
興味を覚えた彼が近寄ろうとすると、連れが慌てて止めてきた。 
「近づいちゃダメです。アレは魔物かもしれない」 

「この辺りには、昔からハンモックの真似をする魔物がいる」と連れは言う。 
うっかり中に入る人間がいると、クルッと巻き付いてから、山奥へ連れ去るらしい。 
別の山では、テントに化ける類いの魔物話も伝わっているのだとか。 

「アレが魔物なのかはわからないが、まず人が来ないであろうこんな場所に、 
 あのような物が据えられていること自体がおかしいと思います。 
 大体、アレは綺麗すぎます。まるで設置されたばかりみたいです。 
 ここの山は深いから、何が潜んでいるかなんて誰にもわからない。 
 怪しいモノには近づかないことが、身を護る基本ですよ」 

そんな風に説得され、無視してその場を通り過ぎたのだそうだ。