AME19716052_TP_V

小学校一年生の頃、ピアノ教室に向かうため夕暮れの道を歩いていると
道路を挟んだ向かいの草むらにおじさんが立っていてこちらに向かって手を降っている。 

小太りで白シャツに黒いズボン、黒縁メガネのにこやかなおじさん 
子どもながらに なんでそんなところに?って疑問に思いながら手を振り返す 
別の日、自分の横を通り過ぎるバスをなんとなく目で追うとそのおじさんが一番後ろの席に座っていてまたこちらに手を振る 
私も手を振り返す 
外食先、買い物中、散歩中どこにでもおじさんは現れた 

そんな事が何年か続いたがおじさんはいつも一定の距離を保っていて私もわざわざ近づこうとは思わず、話す機会はなかったが手を振り合う関係が続いていた 
友達や親といるときはなんとなく恥ずかしかったので、そのときはおじさんがいても少しにっこりする程度にしていた 

小学校4年生の頃、家族で旅行に行った 

お土産を買いに寄った先におじさんはいた 
相変わらず少し距離をあけてこちらに手を降っている 
飛行機で行くような遠いところだったのになんで?と少し怖くなってしまい、私は初めておじさんを無視した 
旅行から帰ったらいつも通りおじさんはいたけど、旅行以来おじさんを怖くなってしまった私はもう手を振り返すことはなかった 
中学2年生ごろまでおじさんは手を振り続けてくれたが、気付くともう私の前に現れなくなっていた 

そんなことをすっかり忘れてた約13年後の今日 
洗濯物を取り込もうとアパートのベランダに出てなんとなく下を見るとあのときのまま歳を取らないおじさんが手を振っていた 
私は懐かしさと怖さが混ざる不思議な気持ちで手を振り返し部屋に戻ってきた 

俗に言う小さいおじさんでもないし 
時空のおっさんでもない 
本当に極々普通のおじさん 
これからも手を振り続けていいのかな