okinawa8312327_TP_V

もう20年以上前の話で、全く壮大な話でもないんだけど何となく覚えている出来事
まだ沖縄が今ほど観光地化してなくて舗装されてない道路が結構あった頃の話

おばあちゃんの家は全木造のとにかく古い家で、入ると広間がすぐにあって、
その広間には仏壇がある。更にその奥には何やら色々詰め込まれた物置への入り口があった。

おばあちゃんの家では娯楽が皆無で、テレビもおじいちゃんに野球でいつも占領されてるのでとにかく暇だった。そんな時はおばあちゃんの家や近所を姉と探索するのが恒例だったのだけど、ある日姉とその物置に入った時に、足下に本だったか、それとも何かの箱だったか…

よく覚えてないんだけどそういったものが一つぽつんと床に落ちていたのだよな。

そしてなんとなくそれに近付いてみると、足下に落ちていたそれが突然宙にふわっと飛び上がり
またボトっと落ちたんだわ。怖いとかどうっていうよりも俺はその時ポカーンとしてたと思う。

ぶっちゃけそれだけでその時は他に何かが起こったわけでも無いんだが…
その日の夜に広間の物置き前で寝ていると、その倉庫辺りの方から妙な声が聞こえて来た。
女性だったと思う。正直何を言っていたのか覚えてはいないんだが、その内容に
当時俺は酷く怯えていた様に思う。恨み言の類いだった気もする。

おばあちゃんの家ももう取り壊されて、あの時の出来事は夢だったのか、
それとも何かがあの物置にいたのか…今となっては分からない。そんな話