2015年08月

遠野の妖怪

601 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/02/14(日) 10:29:09 ID:AM8NMZqr0 [1/3回(PC)]
俺の体験した話をひとつ。 

 これは、岩手県遠野市に旅行に行った時のこと。 
 時間は黄昏時。とある民宿を探し、俺は山の中を歩いてた。 
 山の中……って言っても、舗装された広い道路があって、脇には公衆便所や民家がポツポツとあった。 
 で、そんな民家の側に、一人のお婆さんがいたんだよな。そのお婆さん見つけた時、正直ラッキーって思ったさ。丁度道がわからなくなってたからな。 
 それで、渡りに船と思って、お婆さんに道を聞いたら、 

「そこの坂をね、まっすぐ行くんだよ」 

 俺は驚いた。なぜかっていうと、道路の方ではなく、人一人通るのがやっとの急な坂を指差しているのんだから。 
 俺は間違いだと思って聞き返した。 

 「ここをずーっとですか?」 
 「ああ、ここをずーっと」 

 間違いない。お婆さんは、確かに細い坂を指差している。 
 俺は観念して、そこを上っていった。

 
続きを読む

兵庫県の某釣禁ダム

728 名前:名無しバサー:2006/12/22(金) 22:19:31 
兵庫県の某釣禁ダム(神戸市管理下)に橋が3つかかってるでしょ? 
毎年12月末の夜中にその橋のいずれかに絶対に見てはいけないものが見えてしまうよ。 
どの橋で見えるかは決ってなくてランダムに出ます。 
ヤマはって0時から3時間も見張れば遭遇できるかも..... 
あれは霊とかじゃなくて、神とか物の怪の類いかな。 
いつでも逃げ出せるように車のエンジンはかけっぱなしにしておくように! 

 

 
続きを読む

凄い笑いを堪えていたよ・・・

978 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/01/30(土) 00:10:58 ID:+bvcdPoe0 [1/4回(PC)]
1ヶ月後くらいにA、俺、C、Eで天体観測をしよう 
ということになった。とはいえ、すっかり前回のことは頭にはなかったのだけ 
れど。 
適当に近くの山に登り、しばらく望遠鏡で観測をした後、車の中で眠ることになっ 
たのだが、少ししてAがまたソワソワしだした。 
ここで、1か月前のことを思い出した俺はAに話しかけた。 
俺:「またかよ・・・」 
A:「おう、まただよ」 
俺:「んで、今度はどうすればいいんだ?」 
A:「それがさ・・・」 
俺:「なんだよ」 
A:「もう遅い」 
その言葉の意味がわからず、Aのほうを見るともはや半泣きだった。 

続く

 
続きを読む

彼らは私たちがうらやましかったのではないか

962 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 23:01:31 ID:gADae/VV0 [1/5回(PC)]
 
その日は大学の友人と就職活動について相談をするために、大学の近 
くに一人暮らしをしているAの家に集まることになった。 
んで、集まったのは語り部の俺とA、それとBの男3人、C、D、Eの女が3人。 
集まってから、しばらくは鍋を囲みながらそれぞれの就職活動につい 
て話をしていたが、やはり大学生。集まれば当然騒がしくなってくるし、 
酒も入ってくるってなことで、最終的にはただの宴会になってしまった。 
しばらくして、B、C、Eが寝てしまい俺とA、Eの3人で酒をチビチ 
ビと飲んでいた。 
そのあともたわいのない話をしていたのだが、ふと気がつくとAがベラ 
ンダに出るためのガラス戸の外を気にしだした。最初は、そっちにCが寝 
ていたので「こいつ、Cに気があるのか」とニヤニヤしていたのだが、 
どうも違うらしい。 
落ち着きなくソワソワとしだしたかと思ったら、ついに震えだした。 
「ヤバイヤバイ」と顔面蒼白でつぶやき続けるAを見て、さすがに様子 
をおかしく感じた俺とEは彼に事情を説明するように求めた。 
すると、彼はポツリとつぶやいた。 

続きます

 
続きを読む

かがみが我をもつと我が身になる

756 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/01/25(月) 19:53:41 ID:Og1GQUdj0 [1/3回(PC)]
1、自己責任系の話になるのかな? 
場所はふせるけど知ってる人には即バレな有名な事件です。 

おいらの住む村は本当に田舎でコンビニも車で 
30分くらいいかないといけないくらいなんだ。 
で学校も片道1時間半はかかるくらい。 
なもんで家にいてもすることがない。 
せっかくの夏休み、近所の友達Aと遊んでも特にする事もなく 
近くの大きな神社に遊びに行ったんだ。ここの神社にはおっちゃが 
二人いて一人は無愛想なBで一人はよく喋るCがいたんだ。 
遊びに行く目的も神社だから怖い話の一つでもあるだろうと 
浅はかな考えで行ったんだよ。でそうじをしてるBをつかまえて 
怖い話を催促した。 
で怖い話を聞くもどれもこの掲示板にあるような話ばかりでつまらない。 
全然怖くないと文句をいうと 

C「そんなに怖いの好きなの?」と真顔で聞かれた。 
なのでAとうなずくと 

C「じゃぁ怖いものが見れる方法を教えてあげようか?」と 

子供だったし本当にするとは思っていなかったんだろう。 
やり方はとても簡単だった。 

部屋を本当に真っ暗にして(夜中の方がやりやすいだろう) 
自分の顔やできれば姿がうつるくらいの大きい鏡を用意する。 
小さくても距離をはなせばOKらしい。 
で自分の1m前に仏壇にあるようなろうそくに火をつけて置く。 
で自分の後ろにもろうそくに火をつけて置く。 
携帯やパソコンの画面でもいいので1~2分で明かりが消えるようにセットする。 
電気が消えるときも鏡を見続けて電気が消えたあとも、ろうそくのあかりで鏡を2分とか 
我慢できるまで見続けてから寝る

 
続きを読む

トラウマになった出来事

712 : なら1[] 投稿日:2010/01/25(月) 15:40:44 ID:mBDiuPok0 [1/2回(PC)]

原因はわかってないんですがトラウマになった出来事です。 
夕方家に帰るといるんですよ。 
玄関開けたら2分でご飯ってCMが聞こえてきそうなほど、 
扉を開けると黒い女の人のようなものが立ってるんです。 
本当にゆらゆらとゆれているんです。 
影を切り抜いたようなシルエットで何するでもなくゆれていたので、 
もちろんそのまま扉は閉めてコンビニにダッシュです。 
で親が帰る時間を見計らって帰宅。 
で何事もなく就寝。 

その日の夢の中で僕はホテルかマンションの部屋の入り口にたっていました。 
開けたくないけど開けないといけない。 
嫌な気分最高潮です。 
ドアに鍵がかかってるはずもなくスッと開きました。 
玄関から細い廊下があり右に6畳くらいの部屋 
左にトイレとお風呂、そして正面にリビングでしょうか 
スリガラスの扉があります。 
右の部屋をあけ、トイレ、風呂場と確認。 
で一番あけたくないスリガラスの正面の部屋。 
開けると明るい日差しに目を覆います 
目が慣れてきた頃に、今度は鐘をついたような 
ぐわんぐわんという音が頭に鳴り響きます。 
思わず床にひざをついてしまいました。

 
続きを読む

雛人形

704 : なら[] 投稿日:2010/01/25(月) 13:56:57 ID:YMeFkE6c0 [1/4回(PC)]

平成10年の1月、暖房も入っていたので、特に寒 
くなく、いつものようにベッドに入った。 
僕はうだうだとバイトの事でも考えいつの間にか 
眠りにおちていた。 

「オイっオイッ!聞こえてるんやろ?」 
急に起こされ手探りで電気のひもを探すが手が空をきる 
「ってか寒。なんで窓が開いてるねん」そう呟き 
暗闇にもなれ、なかば切れ気味に起き上がろうとした瞬間また 

「オイっ聞こえてるんやろ?」 

???背中の真後ろから声が聞こえる。 
「聞こえてるんやったら○×△・・・」 

 
続きを読む

あなた誰?  後編

591 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/01/23(土) 13:15:25 ID:4ZwFBO9R0 [4/7回(PC)]
その後、何度か人を泊めることがあった。 

そのうちの一人は寝ている最中に金縛りにあったと言い、もう来なくなった。 

別の一人は、やはりトイレに入り、出てきた時に 
「このトイレ…なんか上手く表現できないけど嫌な感じがする…」と言っていた。 

また別のやつを泊めて、翌朝部屋の外まで見送った。 
翌日そいつが俺に「実はその時言えなかったんすけど、玄関越しに見えた部屋の奥に 
女の人が見えたような気がして…」といった事もあった。 

そんなことが続々起こった。

 
続きを読む

あなた誰?  前篇

588 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/01/23(土) 13:09:35 ID:4ZwFBO9R0 [1/7回(PC)]
東郷といいます。 

昔、八王子市○和田の安アパートに住んでいた。 

間取りは6畳2間と台所。 
車が1台やっと通れるくらいの街灯も無い細い道沿いにあって、正面は寺の墓地。 
裏手は野原。 

親の仕事の関係で茨城から八王子に引っ越した際、新居に運びきれなかった 
荷物、家具類を保管しておくためだけに借りたアパートなので、間取りやら 
住環境やらは全く考慮に入れていない。 
駅からバスで20分、バス停からその暗くて細い道を更に徒歩20分かけて 
ようやくたどり着けるようなそんな所。

 
続きを読む

妖怪カラコロ

568 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/01/22(金) 23:16:15 ID:OsxKnZAM0 [2/4回(PC)]

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしてた時期があるんだが、 
ある日の1時頃に駐車場の掃除をしてたんだが道路を挟んだ向こう側のほうで 
何か乾いた物を引き摺る「カラカラカラ」って音が聞こえてきたんだよ。 
最初は、「こんな時間に酔っ払いが木の枝でも引きずってあるいてんのかな?」と 
軽い感じで捉えてたんだが、通り過ぎていったと思ったら、また戻ってきてと 
往復を繰り返してる事に気づいたんだよ。 
しかも移動スピードが徐々に加速していて明らかに在り得ない速度で移動してる。 
流石に気持ち悪いなと思ったんだが、勤務時間はその日は3時までだったから 
駐車場掃除はそこそこにして店内に戻ってバイトを続けてた。 
んで、勤務時間も終わって深夜3時に店を出たんだけど、 
その時には音も止んでて気のせいだと思って自転車に乗って家に帰ってたんだ。 
けど、少し店を離れた位からまた「カラカラカラ」って聞こえてきた。 
俺の後ろから。

 
続きを読む
スポンサードリンク
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
最新コメント
スポンサードリンク
メールはこちら

名前
メール
本文