2016年03月

小学生のときの話

297 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/02/08(火) 00:54:29 ID:gzDBPl9+O [1/4回(携帯)]
あんまり怖くないけど、未だに覚えている体験。 

自分が小学生のときの事。 
土日のみ新聞配達をしていた母に自分もついて行き、新聞配達を手伝っていた。 
約1時間半かけて配るのだが、いつも最後に行く全面茶色のマンションがどうしても嫌だった。 

何が嫌かと言うと、新聞配達員用の階段と、住人用の階段が分けられているのだが、新聞配達員用の階段の一階と二階の踊場の隅に誰かがうずくまっている気配がするのだ。 

何か危害がある訳でもないが、得体の知れない、見えない何かがうずくまっている感じ。 


続きを読む

里山で真っ白な猿に出会って泣きながら 逃げ帰ってくる

268 : 1/2[sage] 投稿日:2011/02/07(月) 12:18:36 ID:B+dC3J3L0 [2/3回(PC)]

まとめ終わったので投下 

俺には従妹がいるんだが、この従妹が昔から微妙な体験ばっかり繰り返してる半端なビビリ 

恐怖体験とかじゃなく、従妹の周りでは家鳴りが毎日毎晩続くだとか 
気配がするから電話を取り次いだら誰もいなかっただとか、同じく 
足音を聞いて(立地柄鼠とかよく入り込むからその手の足音は聞き分けられる) 
部屋に行ったら誰もいないだとか、里山で真っ白な猿に出会って泣きながら 
逃げ帰ってくるとか、そんな感じ(うちの地元に猿はいない)

 
続きを読む

「あれ、お父さんは?さっき帰ってきたよね?

244 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/02/06(日) 01:57:43 ID:UYX978sDO [1/2回(携帯)]
怖いというか今でも不思議な話し 

当日小学生の私と、母とで 
単身赴任していた父の帰りを 
家で待っていた時のこと。 

私は居間で「ごきげん●う」を見ていて 
母は確かその時風呂場にいた(うろ覚え) 

家のドアは引き戸で開けるとき音がするんだけど、 
ドアが開いた音がして父の声で 
「ただいま」って聞こえたから 
帰ってきた!と思って玄関に駆け寄ったの。 

そしたら誰もいない。 
もちろん玄関の戸も開いていない。 
不思議に思って玄関を開けて 
外を見るけどやっぱり誰もいない。 

聞き間違いかなーと思って居間に戻ると 
ちょうど母も居間に戻ってきて第一声 

「あれ、お父さんは?さっき帰ってきたよね?」 

母も玄関の扉が開いた音が聞こえたらしく 
帰ってきたんだと思ってたみたい。 
声は聞こえなかったって言ってたけど。 

一体誰が帰ってきたんだろうね、って 
未だに私の家で語り継がれています。

 
続きを読む

そいつを見ていたら俺は…

242 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/02/05(土) 23:53:11 ID:wI2vb5bF0 [1/1回(PC)]
俺がたった一回経験した怖い話 
霊も出ないし他人からすれば怖くないが… 

当時中学生だったころ早朝まだ薄暗い頃に苦しくて目が覚めた。怖い話が好きだった俺はちょっと期待した 金縛りktkr‼ 手足はもちろん口も動かず動かせるのはまぶただけ。本当に動かねーw で何分たったろう 少し焦ってき早く朝になれと願っていた 
その時 
たん とん 
階段から足音が聞こえてきた 
家族はみな二階で寝ている 
一階から登って来る人はいないはず 

俺は怖かった 
足音は少しずつ近づいてくる 
たん とん と確実に一歩ずつ 
その時はもう金縛りに気づいた時のワクワクなんてなくただ冷や汗を流すだけ 

足音はついに階段を登り切った 
階段から俺の部屋は2mもない 
絶対くると思った俺はただ強く目を閉じたることしかできない 

足音はついに俺の部屋に入った 
俺の背には 振り返れば誰かがいる 

その時金縛りが解けふっと軽くなった 
俺は怖くて布団を被って丸まった 
そこで足音は止まった俺を見てるのか? 
俺はただ目をつぶっていた 
気付くと知らないうちに寝てしまっていた 

起きる何事もないような朝だった 

誰が訪ねてきたんだろう 
もし動ける様になったとき、そいつを見ていたら俺は…

誰かが階段を上がってきている  後編

233 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/02/05(土) 16:54:34 ID:nzmPLBlgO [4/6回(携帯)]

するといきなり涙がめっちゃ出てきた。 
別に悲しいわけじゃないけど、涙だけがボロボロ出てきた。 
しかし、体が動かず、涙も拭けず、「俺怖すぎておかしくなったのかなー」って思った。 

でもなんか別の人の感情っていうか、「辛いなー、悲しいなー」みたいな感情が心に渦巻いていた。 
何が辛くて何が悲しいかはわかんないけど、とりあえずめっちゃ泣いた。 
目が腫れるほど泣いた。 
多分1時間くらい?だったと思う。 

そしたら体がすーっと楽になって、俺は急激に眠くなって寝てしまった。 


その後、俺は怖くて2階に一人で行けなくなり、父親や母親と2階に行くようになった。 

でも1ヶ月経ったある日、子供の足音が階段を下りる音を聞こえ、恐怖がすーっと消えてしまった。 
また大人の足音もあまり聞かなくなり、 
それ以降俺は家で怖い体験はしていない。 
母親と弟はしたようだが… 


ちなみにこれは関係ないかもしれないが、家の階段を数えてみたら、13段だった。 


読みにくい&長文すいません

 
続きを読む

誰かが階段を上がってきている  前編

230 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2011/02/05(土) 16:48:19 ID:nzmPLBlgO [1/6回(携帯)]
  
これは俺の実家の話なんだけど… 
※長文なうえに怖くなかったらすいません。 

俺は約10年近く前、家族で東京から今の実家(二階建て一軒家)に引っ越した。 
一応関東なんだがめちゃくちゃ田舎で、学校まで徒歩1時間かかるので俺と弟はうんざりしていた。 
母親も田舎で何もやることがなく、暇を持て余したためか、住んで1年も経つとパートに出るようになった。 

その頃から家で妙な音を聞くようになった。 

最初はただの家鳴り?だと思うんだけど、それでも小学生の俺ら兄弟にはめちゃくちゃ怖かった。 

でもある時突然音の感じが変わった。 
なんていうのかな、今までは「ミシ…」とか「ピシ…」みたいな完全に家鳴り系の音だったんだけど、その日は人が歩いてるような「ダンダンダン」みたいな音が2階から聞こえた。(かなり古い家だから人が2階にいると足音とかかなり聞こえる) 
弟と俺は「泥棒か!?」とめちゃくちゃビビって、蠅たたきとかバットとか持って2人で2階に向かった。 
とにかく怖かった俺は「コラー!出てこい!」とか喚きながら勢いよく障子を開けたが誰もいない。 
隣の部屋も誰もおらず、押入やクローゼットも確認したがいつもと変わった様子はなかった。

 
続きを読む

ドアくらいいいか

228 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/02/05(土) 16:03:04 ID:z2H4xElKO [1/2回(携帯)]
怖いかどうか分からんが不思議だった体験 
 
10年くらい前だったから高校生の時。一人で家で留守番をしていた。 
あまりにも暇だったからもう寝ようと思い、習慣通りトイレに行ったんだ。 
いつも通り用を足してトイレを出てドアを閉めようとしたんだが閉まらない。何度試みても。 
それも何か小さなものが挟まっているような感じではなく、大きなブロックが邪魔をしている感じ。 
勿論その空間にはゴミ一つない。 
 
ただその時には眠気がピークだったから「ドアくらいいいか」と思い気にせず寝た。 
その後家族が帰ってきてからはドアは普通に開閉できていた。今思うとあれはなんだったのか? 
 
あの空間には視認できない物体があったのかもしれないと思うとちょっと怖い

 
続きを読む

破壊された南京錠

220 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/02/04(金) 23:53:43 ID:CMLM9Q/+0 [1/1回(PC)]
 ある秋、地方の山に登りに行った時の話。 

 そこはかなりマイナーな山で、観光地化もされていない、単なる田舎って感じの山地だった。 
 人通りも全然なくて、日中は仲間内でのつつましいハイキングを楽しんだわけだ。 
  
 山頂からずーっと落ち葉の道を下っていくと、唐突に登山道が終わって、もう使われなくなった旧道に出る。 
 本当は、その荒れたアスファルトの道を登って行って、また別の登山道に入って、キャンプ地に到着して……って予定だったんだけど、思いのほかノンビリしすぎたのと、天気も崩れてきたのとで、キャンプ地まで日が落ちる前にたどりつけそうになかった。 
 登山道にはテントが張れるスペースなんてありそうにないし、その日は、その旧道にテントを張って早めに休むことにした。ちょっと道を下って見ると、下の方にゲートがあって、車が入ってくる心配もなかった。 

 あちこち舗装の剥げた道路の上で一夜を明かした翌日。残念だけど天候は回復していなくて、俺たちは行程の継続をあきらめて、道路を下り、村に出ることにした。 

 それでちょっと歩いてゲートのところまできたらさ、昨日までしっかり閉じていたゲートが開いているんだよ。 
 俺が驚いて立ちすくんでいたら、友人が青ざめて道脇におちている何かを指差した。 
 そこに落ちていたのはグチャグチャに壊された南京錠だった。すぐそばの岩で叩き壊されたんだろう。 
 でも誰がこんなことをしたんだ?昨日、山に入ってからは、俺たちは他人に会っていなかった。 

 テントはブルーだったから、夜の闇の中ではわからない。もし車の一つでも通っていたら、テントの骨ごと轢きつぶされていただろう。 

 俺たちが宿泊した夜に車が入ってこなくてよかったものの、破壊された南京錠と、ところどころについている反射板まで全て砕かれた上で全開にされたゲートのことを考えると、今でもゾッとする。 
 いったい誰が、どうして…… 


続きを読む

彼女と結婚前提で同棲していました

211 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/02/04(金) 13:05:10 ID:qYMi0wMs0 [1/2回(PC)]
引っ越した直後だけど、前の自宅であった話をなんとなく書いてみる。 
説明下手なんで、わかりにくいかもしれないけど勘弁して。 

彼女と結婚前提で同棲していました。 
元々俺が住んでいた小さい部屋にきたのですが、手狭になって新しい部屋を探すことに。 
池袋近所で探していて、3LDKの賃貸が家賃7万、色々付いていてすごい破格。 
ペンシル型の建物で、その最上階だったんだけどそのフロアには、そこの一室だけ。 
エレベータを降りたらすぐ目の前が自宅の扉って感じで、人が3人並んだらいっぱいになる感じのフロア。 
窓なし、非常扉がすぐ横にあるだけなんで電気が消えたら、本当に真っ暗になるんだ。 

その電気がよく消える。一月に一回は消えて、その都度管理業者に連絡して、すぐに蛍光灯を替えてもらう。 
安物つけてるな程度しか思わなかったんだが、ある時彼女と共通の友人を一人自宅に泊める事になった。 

夜三人で、自宅に戻ってきたんだけど、エレベータが止まったときに目の前真っ暗。 
エレベータが防犯用のガラス扉が付いているやつで、ドアが開かなくても見えるタイプ。 
友人が、そのときに不審な動きをしたんだけど気にせずに自宅に招き入れたんだが、表情が暗い。 
少し話を聞いても疲れただけとしか言わないし、そんなものかなと。 
ほかの友人を呼んだときも何人か同じように怪しい行動を取っていた。 


続きを読む

小学生くらいの時に階段を登る夢を見た

187 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/02/03(木) 03:08:34 ID:QaJomAkcO [1/1回(携帯)]
小学生くらいの時に階段を登る夢を見た 
その階段は永遠に続くようなもので、起きたら汗ビッショリでその日はもう寝られなかった 
んでそれ以来年に何回か部屋の家具がいつもより大きく見えたり小さく見えたりした 
あと永遠に続く「何か」が頭の中を支配する感じ 
結婚した今ではもうないけど、小さい頃はあの感覚になるととても怖かった 
あれはなんだったんだろう

 
続きを読む
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
怖い話の投稿等、その他何かありましたら下記まで連絡下さい

名前
メール
本文