心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    2017年03月

    SIN0I9A3648_TP_V

    もう10年くらい前になるんだけど、 

    当時、夜勤終わりに家に帰ろうと、朝方いつもの田舎道を車で走っていたら、 

    車に轢かれた犬の屍骸が横たわっていた。(田舎なのでよくある光景) 

    俺はいつものように軽快なハンドルさばきでそれを回避する。可愛そうとも思うが、 

    正直車が汚れてしまうって思う気持ちの方が遥かに上回っていた。 

    家に帰りその出来事を早くも忘れ、豪快に朝食を食らっていた時だった。 

    「何だろう...あの犬が無性に気になる」急にそう思った。死ぬほど気の毒になって、起きてきた母に
     
    「道で死んでいた犬可哀相だからちょっと埋めて来るわ」

    「は??」
     
    【【不思議体験】犬だと思っていた屍骸】の続きを読む

    ELFA77_shiraume_TP_V

    テレビとかで、誰かがすっぱそうな梅干を食べている映像を見ると、自分も唾が出てくる 

    あれは何故か? 

    言葉や理性をつかさどる「大脳新皮質」は2人称を判別できる。 

    その大脳新皮質が古い脳である「大脳」に指令を出すのだが、なんと大脳は2人称を判別できない。
     
    単に「酸っぱい」という命令を、さらに小脳や脳幹等の他の脳に伝達する。 

    これにより自律神経が酸っぱいと判断して唾が出てくるという仕組みだ。 

    君等が誰かを「氏ね!殺す!」と罵倒した時、君の大脳は2人称を判別できずに、 

    君が「氏ね、殺す」と言われたのと同様のダメージを受ける。 

    君の脳は不快物質で満たされ、不安になり、手からは冷や汗が出て、脈拍は不安定になる。 

    これを繰り返していると生きているのが嫌になる。 

    汚らしい言葉で人を罵ったり 

    さげずむようなことばかり書き込む人がいるけれどちゃんと自分の心身に悪影響を及ぼしている 。

    人の悪口や悪いことばかり考えていると 脳細胞からダメージ受けていくと言われている。

    MJS0I9A5150_TP_V

    私は奈良の香芝中学のすぐ近くにある、さびれたハイツに住んでたんだけど、

    そこがガチの曰くつきだった。 

    うちの部屋の真下がスナックだったんだけど、そこがまあ凄い修羅場があって。
     
    ママさんが刺されたり、客が自殺未遂おこしたり、次のオーナーも首吊ってた。
     
    首吊ったオーナーは違うところに居を構えてたから、うちが住んでた部屋に直接関係はないけど・・・ 

    そこのハイツそのものがなんか最悪な空気。

    とある一角、うちが住んでた階のフロアは本当にやばくて。
     
     
    【【恐怖体験】奈良の香芝中学の近くのさびれたハイツ】の続きを読む

    PAK160219200I9A0061_TP_V

    昔からバスをよく使うんだけど。 

    去年の夏夕方バスに乗ったら、自分が通っていた小学校の制服を着た10歳くらいの女の子がいた。 

    あー懐かしいな。この路線自分も昔から使っていたしな。とおもって後ろに座ってちらちら眺めていた。
     
    もう20年以上前か~なんて見ていると、ふと気がついた。 

    今はその小学校のカバンはモデルチェンジしたと聞いた。 

    でも彼女が持っているカバンは私が持っていた時代のもの。
     
    小学校のころ私はいじめられていて、カバンを焦がされたことがあったんだけど、 

    彼女も同じような汚れのあるカバンを持っていた。 
     
    【【切ない体験】ドッペルゲンガーなら伝えてあげたい】の続きを読む

    HOS853_bukimihodou_TP_V

    その瞬間、気絶しそうになったという 

    あの女の顔が、廊下の窓にべったりと張り付いていたのだという 

    ひーぃぃいいいいーーー 

    ついに見つかった 

    女の両手が窓枠に掛けられ、(もうだめだ……)と体験者が絶望した瞬間だった 

    ドン! シャーーーン!! 

    物凄い音と金属音が聞こえ、その音に頭を蹴飛ばされるようにして、

    体験者の体に自由が戻ったのだという 

    同時に、窓に張り付いたワンピースの女でさえもが、ビクッと見を震わせたのがはっきりと見えた

    ドン! シャーーーン!! 

    またもう一度あの金属音が聞こえた瞬間、今度は低い男性の声で読経が響き始めたという 

    ふと気がつくと、さっきは見えなかったはずのあの女の肩が見えて、体験者は目を剥いた 

    (縮んでる……) 

    体験者はそう思ったという 

    ワンピースの女が窓から離れ、再びフラフラと非常扉の方に歩き出すのが見えた 

    誰かが助けに来てくれた。

    そう思うと急に力が湧いてきて、体験者は布団から飛び出し、廊下を覗いてみた 

    そこに立っていたのは、半円形の笠を被ったお坊さんだったという 
     
    【【恐怖体験】非常階段で見たことの無い女性が・・ 後編】の続きを読む

    HOS853_bukimihodou_TP_V

    今から20年前、ある女性が大阪の企業に勤めていた 

    毎日続く激務に疲れ果て、

    そろそろ転職しようかと思っていた頃の話である 

    その企業の社宅の女子寮というのが、山奥の骨董品のようなボロアパートだった 

    かろうじてユニットバスをつけただけの古アパートを嫌い、

    その社宅に住んでいるのはその人だけだった 

    会社が家賃の大半を払ってくれていることと、

    静かで環境が良かったためだという 

    ある日、激務を終えて夜中にへとへとになって帰ってくると、

    自分の部屋に明かりが点いている 

    おかしいな、消し忘れたのか……と思っていたが、

    それからもしばし消したはずの部屋の電気が 

    家に帰って来ると点いていることがあった。

    会社の総務部に言って点検してもらったが、異常はなかったという 

    そのアパートには通常の階段の他に非常階段があり、

    その人の部屋は正面から見て左端にあった 

    そんなわけで、彼女は疲れ果てて帰ってくるとアパートの左端にある非常階段を使って部屋に帰っていた 

    その日の仕事も深夜になった。

    くたびれて非常階段を登り、非常扉を開けると、人がいた 

    その人を見た瞬間、体験者はぞくっと寒気を感じたという 

    そこにいたのは女性だった。しかし、知り合いではなかった。 
     
    【【恐怖体験】非常階段で見たことの無い女性が・・ 前編】の続きを読む

    PAK752_aemagarino15042509_TP_V

    家の敷地内に水脈通ってる場合は変なことが起こる
    って言うな 

    川の上に町があるようなもので、水辺に霊が集まってしまうし、 

    水が流れることで発生する聞こえないレベルの周波数が身体に影響与えてるかもしれないな 

    水上生活してる人たちいるから、水辺の霊ってより、音の影響が大きいと推測する 

    ただ、水上生活者が本当に何の影響も受けてない(特定の病気にかかりやすいか否か)のか、 

    生まれつき水の上にいるから遺伝子レベルで慣れてるのかどっちなのか。あるいはどっちでもないのか。

    素人じゃわからんなあ 

    そういえば暑い地域出身の遺伝子を持つ人は、

    現地に行くと耐熱遺伝子みたいなものが目覚めて適応できるようになるらしい 

    ネットラジオで小耳に挟んだだけなので本当か真偽はわからん

    MOK_oketohisyaku_TP_V

    一昨年くらいの出来事。 

    家族で祖母の墓参りに行く予定だったんだけど、

    自分は行けなくなってしまい仕方ないから外出先で1人手を合わせていた。 

    気持ちだけでも墓参りを、と思い目を閉じて婆ちゃんの墓を思い浮かべたんだけど何やら墓の前に動く影が見える。 

    何だこれ?と(脳内で)よく目を凝らしてみると、なんとしゃがんで一心不乱に墓の掃除をする母親だった。 

    脳内イメージのわりにリアルで面白いなぁと思った私は試しに目の前にいる母親の肩をトン、トンと2回叩いてみた。 

    すると母親がグワッと動き、その瞬間一気に現実へと引き戻された。
     
    【【不思議体験】墓を思い浮かべたんだ・・】の続きを読む

    ELLsyuumeigiku150928327694_TP_V

    中学生の時の体験 

    部活を終えて家に帰ると、丁度両親が弟を連れて外出するところだった。 

    当時は絶賛反抗期の真っ最中で 

    「ジャスコまで買い物に行くけど一緒にいく?」 

    「は?行かねぇし」 

    みたいな会話をし、押し出すように見送って玄関にカギをかけた。 

    家には自分一人。 
     
    【【不思議体験】バスタオルは何処へ?】の続きを読む

    TSURU170322-92 mm-004_TP_V

    幼いころの記憶で謎な話が二つ。 

    小学校低学年~高学年ごろまでずっと体験したことだと思っていた記憶。 

    一、両親が大喧嘩して父が母に箸やら色んなものを投げつけていた。 

    二人の声は不思議と聞こえず、無抵抗で身を縮める母を私が庇っていたが、
     
    母は私に気付かない。最後の方でやっと私に気付いて母が私を守るよう庇ってくれた。 

    ハッキリ覚えているのは、父がハサミとか鋭いものは投げなくて、 

    傷つかないよう色んなものを投げていたということと、 

    家にあった輪ゴムをかけていた置物(五寸釘大きさの鋭い突起が付いていた、 

    しかも結構重さのある)を母に投げつけていたこと。 
     
    【【不思議体験】幼い頃の謎の記憶】の続きを読む

    このページのトップヘ