2017年04月

【心霊怖い話】リュックサックの影ではなく・・

DSCF2444-3_TP_V

数年前、母に乳癌があることが発覚した。 
早期発見だったので大事には至らないということだったが、度重なる検査でストレスや疲労が溜まってそうだったので、田舎の山奥にある別荘に一家揃って療養に行くことにした。 

現地に着いた頃には既に日も暮れかかっていた。 
長い間、狭い車内にいたせいで、皆疲れていたので手早く晩飯を済ませ夜9時ぐらいには皆、床に就いた。 

事が起きたのは深夜だった。 
何時頃だったかは分からないが、喉が渇いたので水でも飲もうと身体を起こした。 
横をみると母はぐっすりと眠っている。 
ふと、その枕元に黒い何かがあるのに気付いた。 
暗闇にまだ目が慣れない中、それをぼんやりと見つめながらリュックサックか何かだろうと思った。 
しかし、よくよく考えてみると母はリュックサックなんて使わないし、第一寝る前母の枕元にリュックサックなんて誰も置いていない。 
だんだん目が慣れてくると、その黒い何かがリュックサックの影などではなく、体育座りをした人間の形の何かだと気付いてしまった。 
瞬間、背中がサーッと寒くなってやけに自分の心臓の音が脳に響き始めた。 
今まで霊的な体験をなに一つしたことのない俺は焦りに焦った末、喉の渇きを我慢して狸寝入りを決め込んだ。 
何時の間にか寝てしまっていたようで、目を開けると窓から朝日が差し込んでいた。 

東京に帰ってから母にこの話をしたところ 
「私のこと連れて行こうとしてたのかな」 
とか言って笑っていたが、俺は今でも気が気でない。 

【心霊怖い話】自殺多発のダムにかかる橋

AME863_okuirise_TP_V

実体験。 
二、三年前に友達、後輩を巻き込んで心霊スポット巡りをしてた。 
色々回ったけどその中でも怖かったのが、某県某所の自殺多発のダムにかかる橋。

その日は友達俺含め男5人と後輩女3人の計8人。車の中で「2人組で橋を往復なwww」なんて言ってた。 
当然だけどこの組み合わせだと男2人組のペアか出来る。 
残念なことに俺と男友達A(自宅が墓地の隣で霊感あり)がペアになった。

このAってのと心霊スポットに行くと何かしら起こる。
続きを読む

【心霊怖い話】「てー…」と喋る女の子 後編

erry15072236_TP_V

「え?」と俺が懐中電灯で照らすと、それは例の女の子だった… 
「そんなばかな、ありえない!」、もう500mくらいは走ったはずだし追いつける訳がないのだが、 
現実に目の前に女の子は存在している。 
そしてまたケラケラと笑いながら俺に「見たい?見たい?」と言いながら顔から手を離そうとしている。 
俺は視線をそらすと女の子を見ないように避けながらまた走り出した。 
ついてこようがこまいが、道路にさえ出てしまえばこっちのものだ、という自信があったからだ。 

それからどれくらい走っただろうか、少し先のほうに車のヘッドライトが通り過ぎていくのが見えた、 
もうすぐ道路に出れるようだ。 
少しほっとした直後、何かに足をつかまれ俺は転んでしまった。 
わけが解らず足元を見てみると、ありえないことだが何も無い、何も無いはずなのだが、明らかに 
俺の足は何かにしっかりと掴まれている感触がある。
続きを読む

【心霊怖い話】「てー…」と喋る女の子 前編

erry15072236_TP_V

高校2年の頃の実体験。 

夏休み中のある日、俺と友人A、B、Cは唐突にキャンプに行こうと思いつき、 
以前渓流釣り好きのCの親戚から聞いたキャンプに最適そうな山の中の 
河原の場所を聞き出し、そこへと向かった。 
続きを読む

【心霊怖い話】デジカメを使う霊

CN0I9A0363_1_TP_V

今日から休暇だった俺は実家に帰ってきてたんだが、疲れてたから風呂入って飯食って22時には寝てしまい夢を見てたんだ。 
ハッキリとは覚えてないが屋内で戦闘訓練してて後ろから同僚かなんかなんか知らんが誰か(顔は覚えてない)ついて来てた。 
そんでそいつが早く行けよみたいな感じで背後に来たとこでフっと目が覚めたのね、目瞑ったままこんな夢見るなんて久々やなーとか思ってたら、寝床がグイーッと結構な力で引っ張られた感覚が有た。
続きを読む

【心霊怖い話】巫女の様な格好の女性

P1030568-Edit_TP_V

確か2月の半ばぐらい雪が降ってかなり積もった時の話なんだが 
夜中に嫁と録り溜めしたアニメ見てたら小腹が減ってきてカップ麺が食いたくなったのよ 
家を探してもなかったんで近所のコンビニに買いに行く事にした 
俺の家は日本海側の某市にあって家出てすぐ目の前が海という立地 
前の日の昼からがっつり雪が降ったもんで防波堤にもかなり雪が積もってた 
歩道にも積もってたが歩けないほどじゃなかったし雪も止んでたんで 
傘は持たずに防寒フル装備&ゴム長で出かけた 

家からコンビニまで3、400mぐらいで明かりも見えてるから 
夜出歩くのは危ないとはいえ流石に何も無いだろうと思って 
まだほとんど踏みしめられてない雪を踏みながらコンビニ向かって歩いていった 
家の前の道路は国道で昼間はそこそこ車も通るが時間も時間なんで車も全然通ってない 
ザクザク雪踏む自分の足音がうるさいぐらいにシーンとしてて心地よかった 

足元見ながら歩いてたんだが、ふと海側の歩道を見ると 
上が白い着物で下が赤い袴みたいなのを履いた巫女? 
みたいな格好をした奴が俺が向かう方向から来てるのが見えた 
続きを読む

【心霊怖い話】七不思議のひとつの赤いドラム缶

PAK160323060I9A4825_TP_V

昔通ってた小学校の七不思議のひとつに、『○○スーパーの横の赤いドラム缶』っていうのがあった。 
学校からは二百メートルくらい離れているけど、なぜか小学校の七不思議の一つになってた。 
内容としては、 
・○○スーパーの横にある赤いドラム缶は、もともと青かった。だけど血で赤くなった 
・ドラム缶の上に水が赤い水が溜まる 
・上に爺さんが座っているのを見たら、逃げないと捕まえられる 
というものだった。 
それでも隠された場所にあるわけでもなく、歩道に若干はみ出して置かれているので、 
いつでも誰でも見ようと思えば見れる。特に気にはしていなかった。 
ところがある日、クラスメイトのAが、「たまってた」と言い出した。 
続きを読む

【心霊怖い話】部屋から出てきたのは・・

sedrftgyhuijk-Edit_TP_V

俺の家は四人家族で、両親と兄がいる。 
兄は大学生で俺は高校生。だからそれぞれ自分の部屋を持ってる。 
 
それで、件が起こったのが昨日の夜中。 
目が覚めた俺がちょっと水を飲もうと洗面所に向かう途中、それに遭遇した。 
続きを読む

【心霊怖い話】峠に現れた女

PPAS00059_TP_V

五年くらい前、仕事で北海道のとある峠をよく通ることがあった。 
その峠は雨が降ると霧がかかるというか、地元ではガスがかかると言うんだけど、 
その日も雨がシトシト振り、峠自体がモヤっていた。 
いつもは峠を降り海側にしばらく走っていると、霧は無くなるんだけど、 
その日はずっと霧がかかった状態だった。 
視界が悪いし、なんだか嫌だなあと思って運転していると、霧の中にボヤーっと光が見えた。 
続きを読む

【心霊怖い話】夢魅 後編

ELFAIMG_2579_TP_V

長は憤慨した、そんな事しなくてもいずれは長の地位を継がせるつもりなのに、そんな形で今までの信頼を裏切るなんて、絶対許せる事ではない 

長は宗介を呼び出し宗介を責め立てた 
宗介は身に覚えがないと訴えたがまるで聞き耳を持たなかった、密告人は長年付き従った使用人、それに加え夢を操れる人物など宗介以外に考えられなかったからだ 

長は宗介に2週間の猶予を与え、その間に色夢をやめさせないとただではおかないと言った 
宗介はどうにかしようとあらゆる手を尽くしたが全て逆効果だった、何せ娘からしたら慕っている人物が目の前にいるのだ、色夢は止む所か膨らむばかりだった 

その間に使用人は集落の人々にも宗介の話をし、ある事無い事を言い回し、宗介の人望を消し去った 
今まで暖かかった人達は嘘みたいに冷たく、宗介を避け、宗介は孤立した 
今までは周りの人の手伝いなどをし食料分けてもらっていたがそれすらも無くなった 
続きを読む
スポンサードリンク
Twitter
記事投稿時ツイートします!
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
怖い話の投稿等、その他何かありましたら下記まで連絡下さい

名前
メール
本文