2017年05月

    P1030623-Edit_TP_V

    やつら10人以上いる… 

     
    増えたというから2人になったとかそういう事じゃないかと予想していたんだが、これは予想外だ、怖すぎる。 
     
    話しかけてくるのは1人だったのに、まさかこんな事になっているとは。 
     
    動揺を必死で隠しながら目的地の洋食屋に到着し、俺はカレーライスを注文した。

    が、ぶっちゃけ恐怖と不安と、連中に「気付いている」事を 
    悟られないようにするのに必死で、どんな味だったのか全く覚えていない… 
     
    A君も同じようなもののようで、とても傍目にも美味い物を食っているようには見えなかった。 
     
    そもそも連中は全員で俺たちのテーブルを囲んで時々思い出したかのように「気付いてるんだろ?」とか話しかけてくるので、味わって食べる余裕などあるわけもないのだが… 
     
    【【恐怖体験】自分にしか見えないのっぺりした人間 後編】の続きを読む

    P1030623-Edit_TP_V

    それから2人で少し観察してみたのだが、色々な事が解った。 
     
    人のような物体の色は結構区々らしく、真っ白に近いものもいれば真っ黒に近いものもいる。

    また、体の欠損部分もかなり多岐に渡っていて、さっきの女の人 
    についてきていたやつのように胴体の半分近くがないものもいれば、

    欠けているのが腕だけとか頭の1/3くらいだけとか片足だけとかのもいれば、逆に上半身が丸々ないものまでかなり様々だ、

    勿論俺たちが以前見たように何の欠損もないやつもかなりいる。 
     
    また、色の明暗と体の欠損具合にはあまり関連性が無さそうで、黒っぽいor白っぽいから 
     
    欠損が大きいというわけでもなさそうだ。 
     
    【【恐怖体験】自分にしか見えないのっぺりした人間 中編】の続きを読む

    P1030623-Edit_TP_V

    ある日俺はバイトのシフトが入っていたので、大学から直でバイト先に向かった。 
     
    そしていつも通り仕事をしていると、店の外にチラッとなんか変な物が見えた。 
     
    色は白に近い灰色、人の形をしているのだが胴体や手足頭はあるけど他に体の凹凸みたいな物が何も無くのっぺりしている。服を着ているようにも見えないけれど、 
     
    色の事もあって全裸という感じでも無さそう、そんな感じの奇妙な物体が店の前を通り過ぎていく。 
     
    【【恐怖体験】自分にしか見えないのっぺりした人間 前編】の続きを読む

    PAKSS00060_TP_V

    今は零感になってしまったけど、10代の頃そういう物がよく見えて 
     
    当時、自分の周りには自分同様見える人が数人いました。 
     
    その頃別件で、廃病院で憑かれた人の話を抱えてて、それについて話していた時。 
     
    誰の知り合いかは忘れましたが友人の友人、私にとっては赤の他人が混ざってきて 、
     
    我々の話をバカにしていたんですよね。要はアンチですね。 
     
    まぁ、見えない人はそう思うのも仕方ないとスルーしてたんですが。 
     
    ひとりやんちゃというか、愚かというか・・・怒った奴がいまして。 
     
    【【恐怖体験】呪いをかけられたやんちゃな友人】の続きを読む

    N825_morijio2_TP_V

    ある日、特に心霊関係ではないオフで知り合ったAという男がいた 
    彼と会ってすぐ、「なにか霊的なものが憑いてる」って言われたのよ 。
     
    会ったのはそれが初めて、どうやら神社の息子らしいことは、ネットを通じて知っていた

    しかしまあ、初対面の人にそれを言われても、根本が疑う気質なので 
     
    (ああ痛い子だ。いやもしかしたら詐欺かも?) 
     
    くらいに思ってたわけだが、同時に好奇心も抑えきれなくなる 
    同時に心霊スポットでヤクザに追いかけられた経験より怖いことはないと思ってた 。

    「ふーん? どんなのが憑いてるの? 黒髪の女の子がいいな」 
    最初はそんな返事をしたと思う 。
     
    【【恐怖体験】憑いていたのは蛇?女?】の続きを読む

    MOK_oketohisyaku_TP_V

    俺は元々幽霊なんて信じてなかったけど、ある出来事を境に信じ始めて、恐れだし、そういった現象に見舞われるようになった、正直そんな世界に関わりたくないのに。 

    前置きはこれ位にして本題です。 

    うちの婆ちゃんが無くなって10年以上になるが、毎年お参りに行ってる、婆ちゃんが納めてある納骨堂に行った時の話です。 

    納骨堂に行って受付やお経などを済まし、婆ちゃんが納骨してある位置でお参りして、さあ帰るかってなった時にいつの間にいたのか後ろに子供がいた。 

    Tシャツに半ズボンにキャップという格好でまあ子供らしいが、腕や足は異常なまでに血の気の無い土気色に近い体でした。 
     
    【【恐怖体験】納骨堂に現れた子供】の続きを読む

    MSA0I9A5161_TP_V

    俺は昔小学校低学年の頃まで県営住宅に住んでて、よくその県営住宅の同学年の子達5~6人と遊んでた。 
     
    その時はRCカーやミニ四駆が流行ってて、ちょっと裕福(と言っても県営住宅なのでお察し)な子は 
     
    RCカーを持ってたので、その子のRCカーを使ってよく県営住宅のエントランスとか共用廊下で遊んでた。 
     
    その際に友達や俺の親から『7Fの○○さん(以下Aおばさん)ちの前では遊ばないこと。通る時も静かに通りなさい』と言われていた場所があったのだが 
     
    そこの前で少し騒ぐとAおばさんに追いかけられるので、子供の俺達にとってはそこはいい度胸試しポイント(遊びかな?)になっていた。 

    で、ある日もいつも通りみんなでRCカーを追いかけてキャッキャしてたら 
     
    ガキ大将的ポジションの子が『Aオバサンちの前の廊下でRCカー走らせてみようぜ』と提案してきた。 
     
    みんなは割と乗り気だったのですぐにやろうとなったが、チキンだった俺は怒られる自分を想像して嫌だなーと内心凹んでいた。 
     
    そして結局あれよあれよと事が進み、Aおばさんちの前をRCカーを走らせながら騒いで走り抜けるという遊びが早速決行された。 

    俺は乗り気ではなかったので皆が走る一番後ろを走っていたのだが、これがマズかった。 
     
    【【恐怖体験】おばさんに監禁された少年】の続きを読む

    pakuakkdajk_TP_V

    それはその日の大学の講義がぜんぶ終わったあとのこと。 
     
    俺は演劇のサークルに入っていて、近々に新入生のための歓迎公演もあるから遅くまで練習があった。 

    その練習の合間にトイレに行ったんだ。 
     
    用を済ませて手を洗っていると、後ろでなんかクスクス笑いのようなものを感じた。 
     
    トイレには俺以外だれもいなかったはずなのに。 
     
    んで、振り返ると小さな女の子が個室から顔をのぞかせている。 
     
    【【恐怖体験】男子トイレに現れた女の子の霊】の続きを読む

    Door0I9A5164_TP_V

    6年程前古くて小さなアパートで一人暮らしてた時の出来事 

    入居して半年ぐらいの頃かな?深夜にピンポン鳴って 
    その音で音が覚めたけど面倒臭かったし訪ねてくるような知り合いもいなかったしどうせイタズラだろうと無視した 。
     
    その後も何度かあって頭に来たからドア越しにうるせーって怒鳴ったんだ 。
     
    そしたらしばらく来なくなって安心してたんだけど 
    忘れた頃にまた来たんだよ 。
     
    今度はピンポンじゃなくてドアノブガチャガチャ 
     
    【【恐怖体験】ドアノブに仕掛けたイタズラ】の続きを読む

    OH85_hitodoorinonaitonel20130924_TP_V

    登場人物は全員♀ です。

    こないだの夜友人Aと会う約束をしていたんだが、 
    待ち合わせの時間間際に電話が来てキャンセルされた 

    理由を聞くと、Aの友人Bからついさっき電話があり、 
     
    とても怖いことがあり今夜は自宅に帰りつけそうもないので泊めてほしい、 
     
    事情は着いてから話す、と言われたらしい 。
     
    Bの様子が鬼気迫る感じで只ならぬ雰囲気だったそうで、 
    二つ返事で承諾したそう 
     
    なので私もそれなら仕方ないとOKした。
     
    【【恐怖体験】友達になりたかった女性】の続きを読む

    このページのトップヘ