心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    2017年07月

    ZUDSC_9772_TP_V

    これは俺がまだ20代で学生をやってた頃の話だ。 

    大学生活最初の二年間はうまくいっていたものの、二回生の終わりに最愛の妹を事故で亡くした。

    歳はだいぶ離れていたけど、誇張表現なしで本当に仲が良く、 
    あの子は俺の全てだったと言ってもいいぐらいだった。 

    それからの学生生活は悲惨で、学業にも就活にも身が入らず、留年がない学部で四回生にはなれたものの単位不足で卒業を逃してしまった。

    四回生も二年目を迎え見事に一留という不名誉を被った。最愛の妹もおらず、目の前の全てに価値を見いだせず、あの頃はろくに学校にも行かず、バイトで稼いだ金を好き放題使って遊んでいるだけだった。 

    しかし、そんな日々も長くは続かず、人員整理のせいでバイトをクビになった。 

    バイトをクビになるなんて、今思えば本当に些細なことだったんだが、遊ぶ金の目星もつかなくなった俺は、もういいかなと思い、いよいよ自殺を決意した。 

    【【不思議体験】雑木林で首をくくったはずが・・ 前編】の続きを読む

    PPW_sagyoubanoranpu_TP_V

    私は派遣で今有名所の窓冊子会社の工場で働いているんだが、
    実はここ地元のオカルトブログとかに名前が出るくらい評判のスポットで、私も初出勤の時は正直ビビりまくっていた。 

    でも、幸か不幸か霊体験などは先日まで全くせず、「まぁ所詮噂か」程度に思っていた。 

    【【不思議体験】工場で出会った幽霊の予見】の続きを読む

    SDIM3238_TP_V

    もう5年くらい前の話。 

    友人と飲みに出て、家に帰ったのは12時過ぎ。翌日も仕事なのでそのままいつものようにベッドに寝た。
     
    どのくらいの時間が経ったのかわからないが、突然自分が寝ている部屋に誰かが入ってきた。 

    「おい、行くぞ」

    【【不思議体験】夜中に外出した記憶が無い】の続きを読む

    ELLY107121611_TP_V

    小学三年生の時の不思議な話。 

    私と友人はオカルトにのめりこんでた。 

    ある日友人がどこからか仕入れたネタなのか
    「異次元に行く方法があるの」と言い出した。 

    「それって大丈夫なの?ちゃんと戻ってこれるの?」 

    友人「うん。やり方も簡単だけど2人じゃ出来ないの」 

    と言うので、数人を誘ってやってみることに。 

    【【不思議体験】異次元に行く方法を知っていた友人】の続きを読む

    KAZUKIDSCF2411_TP_V

    小学2年の頃のはなし 

    私は、母親とその同僚、兄(小4)とともに母の同僚(以下Mさん)の家に遊びに行った 

    夕方になり、近所の銭湯に行ったのだがそこでおかしな体験をした 

    母とMさんは女湯へ私と兄は男湯へ 

    他の客は爺さんが5~6人ほど 
    私と兄は、端っこの方で湯につかっていた

    しばらくすると、爺の一人が怪訝な顔をしてこっちに来た 
    1mくらいのところで、こういいやがった 

    【【不思議体験】銭湯での忘れられない経験】の続きを読む

    coffee20160715365204_TP_V

    田舎のアパート住まいだった頃の話 

    社会人になってすぐの頃、何もない所に住んでいた書店も近所には無い。

    夜は近くのサ店(漫画が沢山置いてあった。喫茶店以上レストラン未満の感じ)で過ごすのが多かった。
    オレの他には殆ど誰もいないくらい。

    ただ途中から女が一人いつも来るようになった 
    オレより前に店を出る時もあれば、あとに出ることもある。
    【【不思議体験】消えた女】の続きを読む

    P1000381_TP_V

    大学4年の春休みに当時の彼女(現在は嫁)が車を購入。

    そこで俺、彼女のN、そして一つ下の後輩Yの3人で泊まりの旅行を計画。 

    桜のシーズンだったのでそれに見合った候補地をいくつか挙げていった所、Nの田舎が桜の名所と言うことが判明。 

    そこで物は試しとNがその田舎に住む祖父母に連絡を取ったところ、コレがあっさり宿泊OK。 

    俺とN、Yの3人は親同士がすでに昔からの友人同士。なのでつきあいも長く、3人でのの旅行は初めてではない。 

    最終的には、俺たち3人に加えNの妹、中学生のAちゃんを加えて4人で行くことに。 

     
    当日はNの車だが終始運転は俺と後輩Y。 

    「なーNのお爺さんの家ってやっぱデカイん?」 

    「やー普通やないかなー?古いけどええ感じの所よー」 

    と 前の座席で俺とNがだらだらしゃべり、 
    後部座席では190近い巨漢のYに小柄なAちゃんが小猿のごとくギャーギャーと絡んでいる。 
    【【不思議体験】廊下に飾ってあるおもちゃの意味】の続きを読む

    このページのトップヘ