心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    2017年09月

    ZUN_hohoemuojizousan_TP_V

    俺の実家の近所に「指きり地蔵様」と呼ばれてる地蔵がある。 

    指の部分がちょうど指きりできるみたいに変に曲がってるから「指きり地蔵様」。 

    小さい頃、その地蔵様と指きりをしたことがある。近所の婆様方には止められてたけどね。 

    どうしてもやりたかったんだ。 

    【【不思議体験】指きり地蔵様】の続きを読む

    paku_dasdfa_TP_V

    私は進学校から、そこそこの地方国立大学に入学しました。 

    憧れのキャンパスライフ。期待が膨らみます。 

    朝、一人暮らしするために借りたアパートから出て、大学へと向かいました。 

    大学までは歩いて五分ほどの距離です。 

    その道の途中に、大きな交差点がありました。 

    歩行者信号が赤だったので、私はとりあえず青になるのを待っていました。 

    向いの歩行者道路には、老人夫婦が信号をまっているのが見えてました。 

    その老人夫婦、なんだか見覚えがあります。 

    【【不思議体験】不気味な人形】の続きを読む

    PAKningyou_TP_V

    10年前に亡くなった父方の祖父さんは70年以上僧職に就きながらも 
    一度たりとも霊を見たことのない0感者。 

    だから霊の存在はまったく信じてなかった。 

    葬式でお経をあげるのは故人じゃなくご遺族を慰めるためのものだって言ってたぐらい。 

    【【不思議体験】人形供養サービス】の続きを読む

    PAK23_zaounoryuuhyou20140209_TP_V

    昔親父が雪深い山の現場でバイトしてた時の事。 

    妻子をおいて、季節労働に来てる男性がいて、皆から頼られる 
    リーダーとして、現場を仕切っていました。 

    ある日、現場に入ったばかりの若造二人が、猛吹雪の中調子コイて 
    飲みに行ってしまいました。 

    案の定、いつまで経っても帰ってこない。 

    【【不思議体験】大型トラックの男性】の続きを読む

    PAK73_kumasannonuigurumi20140531_TP_V

    2年前、彼と死別しました。 

    彼が亡くなる3ヶ月ほど前、デートでの出来事です。 
    彼は私の膝枕が大好きで、公園のベンチで膝枕をしていたときのこと。 

    私が「なんか○○ってクマさんみたいだね」って言うと 

    彼は「そうかな? 生まれ変わったら優しいクマになってお前を癒してやるよ」って優しい笑みを浮かべて言いました。 

    彼はその後、病でこの世を去りました。 

    【【切ない体験】クマに生まれ変わったの?】の続きを読む

    007horror0523_TP_V

    Bは必死で女の口を押さえながら、何がどうなっているのか考えた。
     
    こいつの口を塞いでいればそのうち夢から醒めるのか。そもそもこれは本当に夢なのか。 

    Aの部屋に何故こんなものがいるのか。自分はこいつに引き寄せられたのではないか。 

    そして、もしこいつの言葉を最後まで聞いたらどうなるのか。 

    【【不思議体験】Aに着いて行ったBが体験したのは・・ 後編】の続きを読む

    007horror0523_TP_V

    友人のAとBから聞いた話を書きたいと思います。 

    Aが大学に進学し、アパートで一人暮らしを始めて2年目の頃の話。 

    近々雪も降りそうな初冬の深夜、Aは部屋に電気をつけたままコンビニへ行った。 

    新刊雑誌を立読みし、飲み物を買って部屋に帰った途端、携帯電話が鳴り出した。 

    時計を見ると、午前2時半。誰かと思い着信を見ると、友人のBだった。 

    Bは、Aと高校で同じクラスで、お互いに本を貸し借りする仲だったが、進学先がAの学校から遠く離れた専門学校だったこともあり、疎遠になっていた。 

    しかし、何故こんな時間に、久々に電話をかけてきたのか、Aは戸惑った。 

    とにかく、久しぶりのBとの会話ということで、Aは電話に出た。 

    【【不思議体験】Aに着いて行ったBが体験したのは・・ 前編】の続きを読む

    PAS00240_TP_V

    高校一年の時、林間学校へ行くときの事です。 

    友達とバスの中でマンガとかのくだらない話をしている時でした。
     
    楽しく話をしていたのに、何故か不意に涙がポロポロっとこぼれました。 

    友達「お前 何泣いてんだよwww」 

    「いやぁ、なんでかわかんないけど、涙でたw」 

    【【切ない体験】じいちゃんの「すまんねぇ」】の続きを読む

    USAGI0I9A6068_TP_V

    あたしは色々あって、学校に行ってなかった。 

    今では馬鹿じゃねーの、とかその時の自分のことを思う。 

    毎日泣いて、死ぬことばっか考えてた。誰も信じられなかった。すんげー厨二病だったんだよな。 

    家族と会話しなかった。友人とも話さなかった。そんなあたしを見かねて親が一匹の兎を飼ってくれた。 

    最初は「どうせ死んじゃうんだからまた一人になる」とか考えて拒否ってた。 

    【【切ない体験】登校拒否元の私が飼ってもらった兎】の続きを読む

    003stockphoto_TP_V

    10年以上前の、実話です。 

    当時小学生でしたが、自分の家族といとこの家族でキャンプすることが夏の一大イベントでした。 

    その年、静岡県のあるキャンプ場にいったときの話です。 
      
    いつも通りカレーをつくったり釣りをしたりして楽しみ、あっという間に次の日になりました。 

    朝、叔母さんが「昨日、トイレで夜起きたんだけど○○ちゃん(僕の名前)のテントの上に白いヒラヒラが見えたよ。タオルみたいな。風になびいててちょうど一旦木綿のようだったけど目をこすってみてみたら何もなくって。おばけかしら笑」と言ってきた。 

    化学系の仕事をしていてそういうものを信じそうにない叔母さんがいったことで印象に残った。 

    【【不思議体験】テントの上の白いヒラヒラ】の続きを読む

    このページのトップヘ