心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    2017年09月

    SDIM3157_TP_V

    息があがっていた、叫びが止んで廊下に耳を澄ますと音はしてなかった 

    そこへ階段を上がる音が聞こえてくる 
    俺はその音だけで安心していた 

    ガチャと扉が開きそこには怒っている父親が立っていた 
    父親「おまえ何時だと思ってるんだ近所に迷惑だろ」と頭をガツンと叩かれた 

    だがそんな父親の怒りより俺には廊下の音の方が怖かった 
    父親と一緒に1階へと下りる最中、ふと穴の方へと目がいった 

    【【恐怖体験】引越し先の家がおかしい 後編】の続きを読む

    SDIM3157_TP_V

    俺は興味が沸いたので懐中電灯を持って2階へと行って穴の中を覗いて見た 
    一筋の光が真っ暗だった部屋の中を薄く照らす 

    中は荷物やダンボールの箱でいっぱいだった 
    耳を澄ましてみるが弟の聞いたような引きずる音は聞こえなかった 

    ・・・・・ 

    こうしていると不気味な気分になってくる、2階には自分しかいないことを思いだす 

    途端に寒気がした 
    階段から父親が上がってきた 
    【【恐怖体験】引越し先の家がおかしい 中編】の続きを読む

    KAI428027_TP_V

    JR北陸線虎姫-長浜間、長浜市内のJR北陸線虎姫-長浜間で新快速電車が非常ブレーキを かけて停車した。 

    運転士が「線路内に人影を認めた」ためだが、現場に人はいな かった。 

    電車にも線路にも異変は見つからず、関係者は「いったい何があったの か?」と首をひねっている。 

    【【不思議体験】線路内に人影!?新快速「ドン」異変なし】の続きを読む

    SDIM3157_TP_V

    これは2年前、当時、中学3年生だった時の出来事 

    父親の仕事の関係で茨城にある筑波市という所に引っ越した 

    正直3年生のこの時期に転校なんて最悪だと思っていたけど 
    仕事では仕方ないと半分気分は落ち込んでいた 

    そんな俺の気分を更に落としたのがボロクソな引越し先の家 
    初めて訪れた時は長い掃除の幕開けと覚悟をした 

    庭はお菓子やら何かの袋のゴミが散乱していて酷い状況だった 
    更に驚いたのが庭に面している家の窓ガラスが割れていたこと 
    おいおい、ここの管理者は何してるんだと溜め息が出た 

    しばらく庭を見ていると2階から父親の声がした 

    【【恐怖体験】引越し先の家がおかしい 前編】の続きを読む

    このページのトップヘ