gunma-IMGL6066_TP_V

正直ここから現実だったのか夢だったのか判らない。 
ガクブルですくんでいたら、奥の暗がりに吸い込まれるような感覚でなんか身体がフラッとそっちへ行ってしまった。 
暗くてよくは見えないけど、通路を右へ曲がったら数人が入れそうな部屋になっていて、多分そこに誰か居る。 

【【恐怖体験】古臭く傷んだ小屋 後編】の続きを読む