心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    2018年09月

    KAI428026_TP_V

    多くの言語で「Machu Picchu」と呼ばれるこの遺跡名は、「老いた峰(Old Peak)」を意味するケチュア語「machu pikchu」を地名化したものの転写である。

    山裾からは遺跡の存在は確認できないことから、しばしば「空中都市」「空中の楼閣」「インカの失われた都市」などと雅称される。

    この遺跡には3mずつ上がる段々畑が40段あり、3,000段の階段でつながっている。

    遺跡の面積は約13km2で、石の建物の総数は約200戸が数えられる。

    熱帯山岳樹林帯の中央にあり、植物は多様性に富んでいる。行政上クスコと同じ地域に属している。

    現在ペルー国内では10ヶ所あるユネスコの世界遺産のうちでは最初にクスコと同時(1983年)に指定された。

    未だに解明されていない多くの謎がある遺跡でもある。2007年7月、新・世界七不思議の1つに選ばれた。

    【【オーパーツ】マチュ・ピチュ】の続きを読む

    SHI85_orekaisyayameyoutoomotteru_TP_V

    1970年代のこと。

    宮崎県串間市の幸島に生息する猿の一頭が芋を海水で洗って食べるのが話題となった。

    全国ニュースでも取り上げられ、大変な話題となったらしい。

    幸島では、その後も一頭、また一頭とまねをして芋を洗う猿が増えていった。

    そして芋を洗う猿が100匹を超えたあたりで不思議な現象が発生した。
    【【都市伝説】芋を洗う猿】の続きを読む

    このページのトップヘ