心霊-都市伝説ナビ-

恐怖体験や切ない体験等、オカルト情報満載!全国の心霊スポット情報も網羅!都市伝説も公開しています。

    2019年04月

    ELFADSC06499_TP_V

    当人実家住みで、家はニ階 
    自分が小さいころに築80年くらいのじいちゃん家を取り壊して今の家に建ててる 
    昔の家は凄いぼろかったけど、トイレと台所はリフォームというか、 
    もともとあったのを壊さずに別のところに新しいのを作った感じで、 
    新しい方は水洗トイレだし、台所も綺麗だった 
    新しいって言っても自分が幼い時にはもうだいぶたってたんだけど

    【【不思議体験】 自分が小さいころに築80年くらいのじいちゃん家を取り壊して今の家に建ててる】の続きを読む

    PAK36_hikagenikakurerukaerusan_TP_V

    あれは俺が13歳位の頃だったろうか。鬱陶しい梅雨の時期には、近くの田んぼにカエルがわんさか湧く。 俺の実家は田舎で、それこそ農作業で生活してる人もいるし、通学路なんか半分は、左右田んぼに囲まれた道が続いてた。

    【【恐怖体験】あの時聞こえた鳴き声は共鳴でカエルの鳴き声が本能的にし動いてない俺の脳に響いたらしい。「おそらく、仲間をつくろうとしとるんやなぁ。」】の続きを読む

    PP_kanaami_TP_V

    大学時代、18切符で旅するのが好きだった。 
    その時は夏休みで俺は大阪を出て標語を走る電車に乗っていた。 
    途中姫路に寄り、夕方4時頃今日泊まる旅館のあるTという駅に着いた。 

    【【恐怖体験】怖い井戸と言えば、俺も一つ知ってるんだよ】の続きを読む

    TSU75_micmotute_TP_V

    当時ニートだった俺は友人の紹介でカラオケ屋でバイトしてた、それでフリーターってこともあり深夜帯のシフトに入ってた。 
    深夜仕事なんて掃除とたまに来る客の相手ぐらいで特にやることなかったんだけど、何故かアルバイトが3人いたんだよね

    【【恐怖体験】友人の紹介でカラオケ屋でバイトしてたんだけど何故か三階は二人で掃除することになってた】の続きを読む

    nichinan0I9A3474_TP_V

    俺にはCという仲がいい友達が一人いて、そいつとは所謂悪友という間柄だった。 
    俺もCも怖いもの好きで、他にも色々ウマが合っていた。 

    【【恐怖体験】夜遅くまで学校に居残る俺にCは肝試しをしないかと言ってきた】の続きを読む

    tokyo0720IMGL7190_TP_V

    おいらと相方の旅行のときの話。うちの相方はY県の某看護学校卒業なんだけど、 
    そこの寮ちゅうのが半端なくでるらしいんだよね。(霊感なくても普通にみんな経験するらしい) 

    【【恐怖体験】Y県の某看護学校卒業なんだけどそこの寮ちゅうのが霊感なくても普通にみんな経験するくらい半端なくでるらしいんだよね】の続きを読む

    kurodanwaIMGL8661_TP_V

    その日は学校休みで、家で一人留守番してた。例によって俺はゲームしてたんだ。 
    何のゲームしてたかは忘れたけど、おそらく従兄弟からもらった初代プレステだったと思う。 

    【【不思議体験】その日は学校休みで家で一人留守番して俺はゲームしてたんだ】の続きを読む

    N745_itabarinominkatogass_TP_V

    怖がりではあるけど霊感があるとか靈自体は信じないタイプだ 
    中学の時諸事情で引越ししてボロい長屋のうつったんだわ 

    【【恐怖体験】怖がりではあるけど霊感があるとか靈自体は信じないタイプだ】の続きを読む

    tozanIMGL2780_TP_V

    学生の頃測量のバイトしてた時の話。出張で他県の山の中に行かされたことがあった。 
    そこは山を切り開いて高速道路が作られる予定で、
    そのため地権者から買収する土地の境界線の確認をするというのが仕事内容だった。 

    作業場所は人里から車で10分くらい山へ入ったところで、結構範囲が広く社員バイト合わせて6人であたった。 

    【【恐怖体験】学生の頃測量のバイトで出張で他県の山の中に行かされたことがあった】の続きを読む

    NIS190317012_TP_V

    学生の頃溜まり場になっていた神社の話だけど、
    内容は神社は山の中にあり歩道に池があるんだけど噂でもう一つ池があるって
    なっててそれを探しに行く

    【【不思議体験】学生の頃溜まり場になっていた神社の話】の続きを読む

    このページのトップヘ