gunma-IMGL6159_TP_V

東京都から山梨に抜ける道で「和田峠」というのがある。
ネットなんかで昔「何か出る」とうわさになった峠だが、知人のおばさんが奇妙な体験をした。

おばさんのダンナは釣が趣味で、あちこちに出かける。
2人はとても仲がいいので、おばさんもたいていいっしょに行く。
和田峠も何度か通った。
だが、おばさんに言わせると、「和田峠は何か怖い。東京から山梨側に行くときはまだしも、
帰りがものすごく気味悪い。窓を開けてあるときなんか、いっつも閉めるのよ。何か入ってくる気がするの」

その日も山梨で釣りをし、深夜になってから和田峠を通った。
「ああ、もうすぐ峠だなぁ」と思いながらふと外を見ると、なにやら青っぽい光が木々の間でチラチラしてる。
「釣り人かしら」と思い、目をそらしたが、車で走っているのにいつまでたっても、その光が前方にいる。

「?????」ちょっと気味が悪くなり、ダンナに「おとうさん、懐中電灯の明かりかしら?ズッといっしょに
来てる」というと、
「わかってる。ありゃ、人の明かりじゃないよ」と言われた。
そいえば、明かりがしだいに増えている。

前にも後ろにも、車を取り囲むように迫ってきている気がする。
「おとうさん、もっとスピード上げて」
おばさんはもう気味が悪くて、青い光を見ないように目を閉じていたそうだ。
峠を越えてる時間がものすごく長く感じて「早く、早く」と念じ続けた。
突然、車が下りに入ったのがわかった。

「峠を越えたんだ」と思い目を開けると、まちがいなく東京側に入って山道を下っている。
こわごわ周りを見回したが、あの光はもうなく、黒々した木々の間には何も見えなかった。

ほっとしたとき初めて、冷や汗をかいていたことに気づいたそうだ。
「よく言うプラズマとかには見えなかったよ。なんか生きてるような…?」
と、おばさんは言ってたが、正体はなんだったのかな。