KM19814323_TP_V

おれは昔はバイク、今は車で峠を攻めるのが好きなのだが、いつだったか
「十文字峠」に行った。

春先の上天気の日で峠の手前だったか、小川のキレイな流れの横に小道が並んで
峰のほうに向かってる。
雑木の裸木に暖かい陽が降り注いで、熊笹の丈も低く、散策にはもってこいの山道だった。
おれはめったにそんなところで車を降りないのだが、あんまりいい道なんで行ってみた。

しばらく行くと、左手のほうにわき道があり、そこから登山者が一人上がってきた。

ちょっと見、やせがたの60代前半の人で軽く会釈して、おれの前をタッタッタッという感じで軽快に登って行く。
まったくの軽装で、背中には小さめのデイパック、スパッツにウォーキングシューズみたいのをはいていた。
おれはちょっといやな気がした。

霊的なものではなく、「臭そうだ」と思ったんだ。

その人は黒地に黄色かなんかの柄が入った上下だったんだが、とにかく汚い。
汗が白くこびりついてスパッツはアーミーグリーンのだんだら模様、ウインドブレーカーは色あせてるんだか、わけのわからない色になってる。

「トレッキングでもしてるのかな?車で来てるんだろーな。電車じゃ、帰りは顰蹙ものだ」
別に臭いは感じなかったのだが、おれは思わず歩調をゆるめ、その人は目の前の角を曲がっていった。
相変わらずタッタッタッという感じで…。
その姿が木の間がくれに数秒間見えていた。

おれも間もなく同じ角を曲がったんだが、その先は直線で傾斜が急になってる。
面倒くさくなって引き返そうとしたとき、先に行った人が気になった。
だが、いない、道だけが静かに続いていた。
このときも、怖さがあとからジンワリきた。
「そういえば、あの人、音がしなかったよな?」
タッタッタッというリズムはあの人の動作から感じただけで、「臭そうだ」という印象も、見た目の汚れ具合だけだったのだ。

あの人はひょっとしたら、遭難者かもしれない。

あの汚れ具合は雨風にさらされた遺体の服の色ではないか?、やせがたの初老の印象はひからびた遺体
そのままではなかったか?

おれは今でも、あの人が最初にちょっと会釈したのを思い出す。