ELFADSC03691_TP_V

その日、休みだった自分は自室のベットに横になりながらケータイでサイトをみていたんだ。 

時刻は夕方のニュースやってたから18時位です。 

一人暮らし、よくある1kタイプでベッドからは横向きになるとテーブルを挟んでテレビが見れます。 

なんとなく部屋が薄暗くなってきたもんだから、電気をつけようと起き上がり、電気のスイッチをポチッと押して 、

カーテンも開いたままだったが気にせずまたゴロンッとベットに横になった。時間にして1~2秒かな。 

横向きにゴロンしたんだけど、「ん?」って違和感。背中にピタッとなにか触れている。後ろにだれか寝ているようだった。 

10代の頃に何度か霊体験はあり、初めて一人暮らししたその部屋がそういう部屋だったらしく、 

その家限定で体験した。親に泣きついて半年で引っ越してからもう10年くらいか、一度も心霊現象には出くわしていない。 

でも一瞬でその10代の頃体験した恐怖心を思い出したというか、(ヤバいやつきちゃった)って思った。 

姿形は背後なので見えなかったけど、頭の中にはなぜかコナンに出てくる黒い影(犯人)のようなものがピタッくっついているのが浮かんだ。 

しかも目が左右外側に向いていた。(説明下手ですみません) 

そしたら、ニュースがやっていたはずのテレビにどこかの神社がぼんやり映っていた。 

それに気づいた瞬間、何だか違和感を感じて『これは夢か?』と思った。 

説明が難しいが・・何だか異空間にいる感じがしたと言えばいいかな。 

すると神社の画面が切り替わり、真っ黒の背景に縦に列になった赤い文字が上から下に流れている画面に変わった。 

マトリックスみたいな感じ。
 
最初は読めなかったんだけど、目が慣れてきて段々流れている文字が漢字で人の名前が入っていることが解った。 

その中で「○○子」っていう女の人の名前が目に入った。 

私は(あれっ?この名前最近見たな)って思った。 

その瞬間、画面いっぱいに女の顔が出た。その顔がすごくこちらを睨んでいる顔でうわっとビックリして目を開けた。 

やっぱり寝ていたようで、部屋は真っ暗だった。 

そんな事より目を開けた瞬間から鼓膜を突き破るような耳鳴りがしていて、

ベッドの真横に髪の長い女が正座して下を向いていた。

向きはこちらを向いている。 

うわ~っと思ったがもちろん金縛り。とにかく耳鳴りが凄く痛くて本当に鼓膜が破けたと思った。 

キーーーン 意外にボボボボボッって鼓膜が動くような音も聞こえてた。 

身体が動いて凄い早さで電気のスイッチを付けたら時刻は20時過ぎだった。 

よく解らない事と気づいた事があった。 

いつから寝てしまっていたのか。あの時電気つけたはずだったのに消えていた。テレビも。 

気付いた事とは、夢(?)でテレビに映っていた神社は、その日の一週間程前に登った山で偶然通りかかった神社だ。 

それと『○○子』という名前は、その山の三角点の横にあった杉の木に掘られていたのを見た。 

その三角点だけど、登山道からそれた所にあり本当にわかりにくかった。 

人が通った気配もなく、その時はちょっと『?』って思ったくらいだったが、今思うと何かいわくつきだったのか?