hongkongGFVL1246_TP_V

昔カンボジアのプノンペンの安宿で恐怖体験をした。
川べりにある安宿で、当時一泊$3ぐらいでトイレシャワー付きだったけど、
部屋は窓が無くて卓上扇風機を置いたサイドテーブルと、ベッドのほかほとんどスペースが無く、シャワーもすごく狭いトイレの中についているだけ。

暑い中延々歩いて疲れていたので、どうせ一泊だけだからと泊まることにした。
まだ昼間だけど疲れてたので、ベッドにうつ伏せ状態でゴロ寝してたら、急に背中の上にドスっと誰かが乗ってきた。

てっきり強盗だと思って、パニクりながらも、ドア閉まってて窓もないのにどうやって入ってきたんだろ、
とか、何で金出せとか言わないんだろと思っていたら、不意に自分が金縛りにあっているのに気付いた。
体が動かなくて声も出ないし視線も動かないんだけど、目の前のドアが閉まっているのに子供が笑いながら、
3人ぐらい部屋に入ってきた。

子供たちは笑いながらベッドのまわりをぐるぐる回ってるんだけど、
狭い部屋なんでベッドは壁にくっついてるし、ちょっとあり得ない状況。
っていうか自分は完全にパニックになっていて「ウワーホントに出た、ホントに出た!!」とか思ってるんだけど、
金縛りで声も出ない状態。
そのうち金縛りが解けて意識を失った、というか寝てしまったらしい。

気が付いたら夕方だったので、腹も減ったし外に飯を食いに行った。
実はこの時点でさっきの恐怖体験をすっかり忘れていて、日本に帰ってから急に思い出したのが、かえって気持ち悪い。
冷静に考えるとただ疲れていて、目を開けて寝てとかでただの夢だったのかもしれないけど。
プノンペンって俺が行くホンの数年前まで内戦でだいぶ人が死んでるから、
何かあってもおかしくない気がするけどね。