062horror0523_TP_V

これは、さい○ま新都心エリアで実際にあった事件です。
ちょうどイ○ンの隣に15階建てのマンションがあります。

そこで、去年の12月の晩に飛び降り自殺?が起こりましたが、不自然な点が多すぎます。

この物件には警備員が常駐していますが、外部の中年女性がオートロックのあるA棟のエントランスから侵入しました。
15階の廊下に折り畳みの椅子を出しで呆然としていたようです。ちょうど、巡回中の警備員が目撃をして少し話をしたようですが、基本的には放置したようです。

その後、気になっていた警備員が再び現場に向かうと、中年女性は15階と14階の非常階段の折り返し部分に座っていたようです。
警備員が走り寄ったため「来ないで~~~~」と絶叫したようですが、
そのまま取り押さえようとしたので、女性はそのまま後ろ向きの姿勢で転落したようです。

凄い音がしました。最も離れた棟の住人にも聞こえたそうです。なぜなら、自転車置き場の屋根に転落したため即死できなかったから。
救急車が来るまで応急処置もされないで放置されていたようです。

何か警備員に怨み言を言ったのかもしれません。そして、深夜まで苦しんで亡くなったようです。  

霊感の強い人の話では、マンション側から隣の氷川神社に落ち葉の量が多いので木を伐採しろと苦情を出したことが原因のようです。
これは神様に喧嘩を売るようなものですからと。以降は急に亡くなる人が増えたり、巨大商業施設に隣接しているからかもしれませんが不審者が度々目撃されています。

やはり、事故物件は変な氣を集めてしまうのでしょうか?