009KZ17922photo_TP_V

私と姉はいま別々に暮らしているので、よく状況もわかりませんが。
先ず姉の住んでいる街は私の住んでいるど田舎と違って人がたくさんいるし住んでいるアパートは飲み屋街に近くお店などの灯りで別世界のように明るく人やタクシーなども多くて賑やかです。

ただ、飲み屋街も駅方面と反対に出ると真っ暗で鎮返った住宅街になります。
こちらも飲み屋街から出るとなんだか現実に戻されるような別世界な雰囲気です。タクシーなどもありません。
大体、家の他に寂れた店やホテル、閉店した店が並んでいてすぐ隣が港なので、なんだか不気味なところでした。

で、本題です。
一昨日の夜 、常に既読無視の姉からLineがきました。
Lineの内容によると、姉はその日車で彼氏を家に送ろうとしていたそうです。

姉の住むアパートから彼氏の家まではその寂れた住宅街を通ったほうが近いため、暗い道路を車で走りました。
大通りに差し掛かるまでに横断歩道もなく信号もありません。飲み屋街の近くなので道も細く姉の車以外車はいなかったのだと思います。
暗い道ですから車のライトは広範囲であたりを照らしてます。一度自転車少年を引きそこねた姉は突然人が飛び出してくることを恐れていたので最新の注意払っていたはずです。
しかし突然彼氏があぶない!と叫んだのです。
姉は前を見ていたので車を止めて彼氏を振り返りました。
すると彼氏はこう言いました。
危なかった、轢くところだった。
なにを?と姉が前を向くと

道路の真ん中にド レスを着た女性が突っ立っていたそうです。

止まったのを確認したのか、その人は 子供が横断歩道を渡るように片手を挙げびっこ を引いて前を通過していきました。 
髪はボサボサだったようです。 なぜ姉は車のライトが照らす前を見ていたのに 目の前の彼女に気づかなかったのでしょうか。

私は姉の証言から、いつだかyoutubeで見たヒ キコさんのようだと笑いました。そして画像を 貼りました。そして姉からのLineは続きます。
その画像にとても似ている。 そういえば、その女の人見る前にアパートの駐 車場から見える一階の部屋の窓でそんな顔した 女性見たかもしれない。

ただじっと、こっちを大きな口開けて見てた。 気のせいだと思って気にしないことにしたけ ど。 その窓の部屋には最近新しい人が入って、たま に別の窓から外をじっと伺う姿を見たらしいで すが、ここ数日はカーテンしまったまんまらし いです。
道路で見た人と窓から見ていた人は私の送った ひきこさんにそっくりらしいですが、駐車場か ら付いてきたってことですかね。
姉はもうどうでもいいみたいですが、怖い話好 きの私には正体もわからないその有耶無耶さが なんだか勿体無いなー、という気持ちでした。