YAT1172011617_TP_V

紙一重だったのは、昔高速で、雨と霧が濃くてポツンと走ってたら前に遅いクルマが・・

トンネル入ると霧が無くなるからトンネル内で抜こう、としてて
トンネル入ったとたんに右車線に移ろうとしたら、白い車がミラーに見えて
慌ててもとの車線に戻ろうとしたが、120kmでスリップしはじめ、右、左、また右と
壁面にぶつかりながら最後は回転して道のド真ん中で止まった時・・

メガネは後部座席に吹っ飛んでるし、道の真ん中でトンネルは微妙に曲がってるし
後ろからクルマ来たらアウトだった・・

エンジンかけたらかかったんで、トンネル内の避難帯?にガタガタいわしながら移動・・
無事難を逃れた。

しかし、あの「白い車」は何だったんだろ?
クルマは全損で廃車になった。