RED1211031_TP_V

よちよち歩きの子供を連れて公園で散歩した晩秋のこと
天気が良ければ毎日自転車で公園へ通っていたので当時の自分はスレンダーだった

遊具が充実しているのだが、人気は少なくたまに孫連れのおばあちゃんや年寄りがいる程度

その日は寒く雪が芝生にうっすら残り誰もおらず貸切状態

そんな中、公衆トイレの横を歩いていたところトイレの中から

「あおーん!あおーん!」

と多分男の悲鳴のような、咆哮のような訳わからん声が延々と響いてきた
自分は子供をかごに乗せて一目散に爆走し自宅に戻って110番

「トイレで叫んでいる人がいます」

怖すぎて近づけませんが急病人かもしれませんと伝えるとどんな声でした?苦しそう?悲しそう?などと色々追求されたが、その後ちゃんとパトカーが現地へ向かうのを双眼鏡で確認したところで安心して昼寝

怖いので事後報告はいらないと言ったから真相は分からないけど
後で自殺の名所であることを耳にしたのであれがお化けであることを祈って。