horror451_TP_V

小学校6年生の頃、中学受験のために電車で塾に通っていた
帰りは同じ塾に通う近所の子と一緒だったので暗くなっても怖くなかった
帰り道は広い公園を通ると近道だったのでいつも公園を通って帰っていた

ある日いつものように9時ころに公園を通っていると端っこの大きな桜の木の下に青い服を着た女の人が立っていた
あまり気にしていなかったんだが友人が変なことを言い出した
「あの人やけに背が高くない?」
首をうつむきにして立っている女の人は遠目にも高い位置に頭があるように見えた

ちょっと気になって少し近づいて気づいた
女の人は空中に浮いていて、大きな枝から紐がぶら下がっていることに
公園のすぐ近くにある交番まで恐怖のあまり声も出せずに二人で駆け込んだ
お巡りさんは安心して大泣きする子供ふたりをやさしく宥めてくれた
やっと落ち着いて事情を説明すると、なぜかすぐに現場に行こうとせずふたりを家まで送り届けてくれた。

後日、親から聞いた話だとその晩、送ってきたときにお巡りさんは次の日に交番まで来てほしいと親に言っていたようだ。
次の日に親が交番に行くと友人の親も来ており、お巡りさんと一緒に現場に行ったらしい
そこには、大きな枝が根元から切られた桜の木が立っていた

ちょうど1年前に青い服を着た女性がそこに生えていた大きな枝で首つり自殺したこと

ひもをかけた部分から枝が腐り始めたため、同様に首を吊る人が出ないようにする意味もあって、その枝を根元から切り落としたこと
まだ枝がある頃から幽霊の噂が立ち、枝を切った後も交番に「青い服の女の人が首を吊っている」と駆け込む人が何人かいたこと
ということを教えてくれたらしい。

こどもには幽霊だったというと余計にショックかもしれないからそれは伏せておくようにと言われたらしい。
その後、20歳になった後に初めて金縛りにあい、それから変なことに遭遇することがたまにあるようになって親にお祓いできる人がいないか相談したときに「実はね」とこの話を教えてもらった。
首つりを発見した(と思い込んでいた)ことは覚えていたし、その光景は忘れられないがまったく幽霊には見えない存在感だったよ
お祓いの方は26歳の時にようやく本物の人に巡り合い、お祓いをしてお札をもらってから何もなくなった

それまでにもいろんな人(結構有名な人も含む)に何度もお祓いしてもらったけど、何の効き目もなかったw