BOB2028050_TP_V

俺の住んでいた田舎で炭鉱事故が起こり、7,8人が鉱内に生き埋めになった
その中に、うちの近所のオバサンの20代の息子も含まれていた

オバサンは毎日現場に行って、半狂乱で早く助けて助けてと泣き騒いでいたが
4日目に憑き物が落ちたように大人しくなって、「息子は亡くなった」と言い出した

不思議に思ったうちの家族がわけを聞くと、オバサンは
「事故が起きた翌朝から仏壇に上げるお茶に泡が立つようになり
それがどうしても息子の苦しい息に思えて仕方がなかった

でも、今朝は泡が立たなかったので、息子は息絶えたのだと思う」と答えたそうだ
それから数日後、オバサンの息子は遺体で回収された