PAKU19872187_TP_V

会社の部下の彼氏(Sさん)が、滋賀県のとある建設現場で働いている。
一昨日、少しだけ高い場所(せいぜい地上2mちょっと)まで梯子で登った所、頭から転落して脳挫傷になった

そうだ。命に別状は無かったが、意識が戻るまで時間がかかり、昨日昼に会話できるようになったそうだ。
部下は有休を取って見舞いに行っていたんだが、意識を取り戻したSさんからこんな話を聞いたそうだ。

「梯子の下の方に小太りのおっさんがいて声を掛けてきた。何か用かと聞いたら手が伸びてきて俺の手を握って引っ張った。こらえられずに落ちた。」
暫くしてSさんの上司が神妙な顔をして病院に来て事故の話となったが、どうも歯切れが悪い。

理系のバリバリの上司なので自分でも半信半疑で話していたらしいが内容はこんなものらしい。
事故を近くで目撃した人の証言によると、Sさんがいきなり下の方に向かって叫んだと思うと、急に梯子に乗せている足を支点に背中の方に半回転し頭から落ちていったそうだ。
前にも同じような事故があるから、念のためお祓いして貰う。治るまでじっくり休め・・・と。

昨夜20時頃、部下から以下の顛末と、部下のマンションの前になんか人影が見えるって電話がかかってきた。

自動車で10分ぐらいの場所だったので行ったが特に人影は無く、また俺は完全に霊感が無いので何も感じずに帰ってきた。今日、部下は普通に出勤しているらしい。今後どうなるかは知らないが、例え2mちょっととは云え建築現場で安全帯せずに登るなんて考えにくいので、適当に見守ろうと思っている。