yuzu20122075_TP_V

ママ友のご主人は宮城県出身。311の震災時は大変だったそうだけど
ご主人の実家は内陸部にあり、高速道路の盛り土が津波を遮ってくれたおかげで
家屋も義両親もご無事だったとか。

2、3年前、ママ友一家がお盆で帰省したとき。
子どもも小学生になり震災についても理解できるだろう、風化させてはいけない、と
義父の運転で津波被害のあった地域を訪れたそう。
といっても車で15分くらい、高速道路の盛り土の向こう側へ行くだけだったらしいけど。
1階部分がやられた家がポツポツ残ってる以外は、基礎部分のコンクリだけだったり
捻じ曲がった公園遊具やフェンス?が残されたまま、一面平野で雑草が生えてる。

その後夕食に行く予定で、時刻は夕方。
車でゆっくり走りながら、津波について義父が説明していると、
子どもが「あそこは何?」と。完成間近で津波にやられてた大型施設跡だったらしい。
1階が抜けて廃墟になってて、3階あたりは綺麗に窓ガラスも嵌ってる建物。
それを説明してると、「なんで人がいっぱい来てるの?」と。

その日はすぐその場を離れたそうだけど、後で子どもに聞いてみたら
3階の窓の中に人がいっぱいいたそうな。
歩いてその建物に向かってる?人もいたそうで、何かイベントでもあるのかと思ったみたい。

帰省終えてすぐお祓いしてもらったって言ってた。悲しい話。