TVGFVS3932_TP_V

ことは3日前の晩に起こった
単にレコーダーのメカトラブルと言えばそれまでだが それにしても気になるのは不具合の内容とタイミングだ

その日は夜になっても蒸し暑い熱帯夜、放送していたホラー映画を見ていた
物語前半の伊東美咲が霊現象に怯え乍ら自宅マンションに逃げるように帰宅
恐怖から逃れるためにテレビをつける ニュース番組が映る

レポーターがマイク片手に何かを報じている場面、その場面にノイズが入り始めると
やがて映像がフリーズする アップになったレポーターの顔が歪み始めてブレ始める 顔が異様に歪んだままブレ続ける
彼女は必死でリモコンボタンを押し続けるも異常な状況に変化なし
伊東美咲演じる女性は恐怖に顔が引きつる 

このシーン見た人も多いと思うが
(録画したビデオなら似たような現象は起こるかもしれんけど生放送でこれはないやろw
ま、実況デジタル衛星回線なら気象悪化などでドッドモザイク状のノイズが入りフリーズすることはよくあるけど、
部分的に歪みブレ続けるなんてないだろうww)と内心笑いながら思った だが、
その数分後、その答えを体感することとなる

先のシーンの直後、伊東○咲は恐怖のあまり布団に潜り込む しかし、布団の中に現れた
加○子の怨霊に魔界に引きずり込まれるようにベッドの布団の中で消え去る
ここのくだりで自分も寝落ちしてしまう

数分後、ハッと気がつきテレビを見るとフリーズした画面が目に入った
ああ、またそういうシーンなんだなと思いながら見入っていた しかし……
(はて、この映画過去に2~3回は見てるはずだがこんなシーンはあったっけ?)などと考えながら見ていたのだが……
これが異常に長い、既に1分は経過しているだろう 一向に次のシーンに写る気配は無い 更に3分ほど経過
さすがに事の異常さに気づきリモコンボタンを押し続ける チャンネル変えようとしても機能しない
電源すら消えない 先ほどの伊東○咲と完全に同じ行動をとっている自分がそこにいた

画面に映った映像はこうだ
学校らしい建物内部、右側には階段がありそこに女子高生らしい4人ほどが腰を下ろして何かを見乍ら会話してる
中央には階段を下りようとする男性の後姿、左には男子生徒らしいグループ
このシーンはワンシーンなのだろうがフリーズして動かないのだ いや
部分的に動いている 真ん中の男性の右手と左側の男子生徒の片手だけがプルプルと動いているのだ
見てて何か凄く不気味で怖かった
 
同時録画しながらとはいえ、見ている映画は放送中のをリアルタイムで見ているのだ
実際にこういう現象は起きるんだなぁとは思ったんだが 
このタイミングでこの異常トラブルが起きることに不思議な違和感を禁じ得なかった
使用中のレコーダーは確かにこれまで何度か不具合を生じている しかし、レコーダーの不具合で
放送映像がフリーズするという経験はその夜が初めてだった

因みにそのときのは何故か録画されず消えていた
長くなったが、これを単なる偶然とみるべきなのだろうか
いわゆる、何かの意味を含んだシンクロニシティ現象なのだろうか

3日前に体験した実話である