BOBSC2054_11_TP_V

俺が小学生の時のことだ
他の学校ではどうなのかは比べた事はないから分からないけど
養護教室(学年だったかな?)があって
高学年の給食当番が毎日給食を運んで一緒に食べる、という決まりだった

他の子は(病気や障害の人の所へ)行きたがらなかったけど
俺は特に気にもせず他の子の代わりに行くことも多かった

ある当番の日、いつもの様に給食を持って養護教室に入ると
養護教室の男の子が部屋の隅でこっちに背を向けて立っていて
ここの担任の男の先生が部屋の対面にある先生机で泣いていた
俺はワケがわからないまま、とりあえずいつものように机を並べて給食を置き
教室の子を連れてこようとその子のところへ向かうと
その子が「ぶっぷる」だか「るっくす」だかと、ずっとつぶやいてる

すると泣いてた先生が急に「ダメだーッ!」っと叫んで俺の腕を掴んで
先生と一緒に教室から出された
先生は「今日はいいから自分の教室に戻ってなさい」と言い
俺が何があったのか聞いても、大丈夫だから、としか言わなかった
子供ながらに疑問に思いつつ教室に戻ろうとしたとき
先生が養護教室のドアに鍵をかけるのが見えた

自分の教室に戻って「あ、俺の給食が無いじゃん!」って事に気付き
先生に事の詳細を話して、他のクラスへ給食の残りを貰いに行ってると
救急車とパトカーが来たのを廊下の窓から確認した

その日のHRで俺の担任から聞いた話では
俺が給食を持っていく前の4時限目、
養護の子は授業中に発作を起こして死んでしまったらしい