kyotoDSC_63930185_TP_V

昔、迷い家らしき集落に迷いこんだ事がある。鞍馬寺から帰る途中で道に迷い、そのまま迷いこんだ。
道中の途中で少し寝てしまったから集落の入り口は分からない

普通の家々が並んでて、灯りも点ってて、道を尋ねようと父が車から降りて家の中を見たり呼び掛けたけど一人も見当たらず返事もなかった。
最後に尋ねた家は窓ガラスが開いてて、覗き込んだ父いわくTVもついてたし味噌汁まで飲み残してたのに誰もいなかったらしい。

私もTVの音は聞こえてた。
あれは実在の集落だったのか未だに気になる。