psst2cine458A9064ato_TP_V

明治以前は鉄砲に使う鉛の弾を猟師自身が溶かして作っ
ていたという
夜なべ仕事に炭火で鉛を溶かし、底の丸い鉄鍋で弾を丸める作業を続けていると、不思議なことに家の年老いた猫がコクリ、コクリと首を振る。

猟師はさして気にもとめず、夜が更けるまで次の猟に使う弾を作り続けた
翌日山にうっすらと雪が積もり始めたその日は、師走とはいえまれに見る不猟の一日で、黄昏時が迫ろうというのに山鳥の一羽も姿を見せない。さすがの猟師もとうとう諦め山を下りることにした

日は暮れ、雪明かりでようやく道が見える時分に猟師は山の出口にさしかかった
と、その時、林の中に二つの光りが見えたすぐに獣の目と知れたがその輝きが尋常ではない。

猟師
はすぐに鉄砲を構え、頭とおぼしき位置を撃ち抜くが、一瞬瞳が隠れると同時に弾は金属音をたててはじき返された

事態の飲み込めぬ猟師は弾を込め、続けざまに撃つが皆同じように弾かれる。とうとう前日に作った弾を全て撃ち尽くしてしまうと、それが分かるのか瞳がゆっくりと
近づいてきた猟師達は昔からの習いで、いざという時の為たった一発だけ余分の隠し弾を常に持っている。

猟師は隠し弾を鉄
砲に込めると、これが最後と覚悟を決めて引き金を引た。最後の弾は見事に当たり、すさまじい悲鳴と共に影が倒れ込んだ
勇んで猟師が駆け寄ると、なんとそこには年老いた飼い猫が額を撃ち抜かれて死んでいた。横には玉を作る鉄鍋が落ちており、これをかぶって鉄砲を防いだものと知れた。前の日、この猫がしきりと頷いていたのは玉の数を数えていたのであろう

畜生は長ずると化けて人に害を及ぼす
この猟師の村ではそれ以降、畜生の見ている前で玉を作ることはなくなった