150705180829_TP_V

十年くらい前埼玉で病院の改築したときの話 

解体工事中にまだ事務所を構えてなかったから解体予定の診察室Aに 
仮に事務所を構えて仕事をしていた 

家が遠かったし若かったから帰るのもめんどくさくてしょっちゅうその街で呑んで事務所で寝ていた
 
ある夜いつものように呑んで事務所に戻ったものの眠気が来ず 
図面チェックしてたら「ペチペチペチ」って拍手みたいな音が聞こえてきた 

現場に浮浪者新入とかあったもんで音のする方に確認しに行った 
場所は1フロア上の診察室Bからのようだった 

その時は心霊現象とかそういうのは頭の片隅にもなくて 
泥棒だったらひっぱたいちゃるとバール片手に部屋に入った 

するとさっきまでしてた音がピタリと止まった、見回しても異常はなし
 
ところが部屋を出てしばらくするとまた聞こえる... 

入るとやはり誰もいない、出るとまた音がする 

俺は次にそーっと部屋に入った、すると音はしてる、でも誰もいない... 

これはきっと屋鳴り(材質の伸縮で音が出る)だと思い部屋を出ると微かに笑い声がした気がした、それで流石に怖くなってダッシュで現場を出て駅前のビジホに泊まった 

で、情けないけど怖かったもんで本気で事務所を探して 

現場から歩いて3分くらいのマンションの一室を借りて事務所にした 

一週間くらいだったかな?なにもなくやはり飲み歩いて 
新しい事務所に泊まっていた 

そしてその日も呑んで帰ると「カチャカチャ」って小さい音がする 
まああんまし気にせずにいたんだ、でトイレに大をしに行った 

洋式便所に腰かけて用を足してると、目の前の壁から「ペチペチ」って例の音がしてきた、え?マジかよ?とビビってまた駅前のビジホに逃げた 

翌朝事務所に戻ってトイレに行ってみると昨日音がしてた壁の 
腰かけた目の高さくらいのところに小さい手形がうっすらついてた
 
血とかそう言うのじゃないんだけど、赤錆びのような泥のような 
うっすらとした小さい手形、流石にこれは普通じゃねえよ!と 
近所の寺を探して住職さんに話して部屋に来てもらった 
すると住職さんがボソッといった 

「小さい子だからね、迷子でついてきちゃったんだね、帰らせてあげないと」 

で、お経をあげてくれた「他の人もいるかもねえ」と 
そのあと現場の病院にも来てくれてお経をあげてくれた 

それ以来そう言うことはぱったりなくなり無事に工事は完了した 
で、これも不思議なもんなんだけど坊さんに来てもらった後日 
気付くとトイレの手形は掃除もしてないのに消えていた