DSCF0794-Edit_TP_V

中学生の時の体験を書かせて下さい。

当時親の仕事でヨーロッパに引っ越したばかりでなかなか友達ができないし言語の壁ハンパねえ!

な感じで自然とネトゲにハマってしまった。 

真っ暗な部屋で深夜から明け方にかけてパーティ組んで狩りをしたり、ネットサーフィンしたりがデフォになってたある日、いつも通りパソコンをいじってたら、

河童みたいな顔つきの若い男がパソコンのすぐ後ろで横になって頭に片肘ついてにやにやしながらこっち見てた。 

でかめなローテーブルの上にパソコン置いてたんだけど、
想像できるかな?河童みたいなって表現ザックリしすぎだけど、なんというか、

人っぽいんだけど、なんか河童みたいにも見えるというか…わかりづらくてごめん。

パソコンの明かりだけで見えてるから、
なんかその河童みたいな人の周りはもやっとしててより幽霊っぽい感じがした。

そんで、その横になった頭付近に女が立ってた。 

河童には恐怖心はあまりなかったけど、こっちはちょっと怖かった。

貞子みたいに髪長くて黒くて顔よく見えない。白い服きてぼーっと突っ立ってた。 

どっちにしろ声上げて驚くほどではなくて、な、なに突然!くらいに思った。

そしたら、その河童がねえねえ、って声かけてきた。ニヤニヤしながら、そんなんでいいの?本当にいいの?ねえ?って話しかけてきた。 

そこからはどの位の時間かはわからないんだけど、ひたすらねえ、いいの?って話しかけてくるのに対して、うるさい、とか消えろ、とか返してた。 

貞子はなにも喋らなかった。

そしたらなんの前触れもなく気づいたら居なくなってた。
それ以降河童も貞子もみたことない。