PP_mantionakaihana_TP_V

高校の頃のクラスメイトにBという男がいた。 

2人は割と仲が良くて、帰る方向も同じだったのでよく一緒に帰っていた。 

2人ともオカルト好きで怪談話もよく知っており、帰り道は怖い話大会になることが多かった。 

その日も一緒に帰っていたんだが、Bは途中で催したらしく、通りがかった公園内のトイレへ駆け込み、残されたAはトイレの前で待っていた。 

しばらくすると、Bは血相を変えて出てきた。 

「あいつはどこ行ったんや?」 

あいつって誰だ、と聞くと中学生くらいの男が出ていったはずだという。 

Aはトイレの前でずっと待っていたのだが、そんな男はもちろん見ていない。 

Bの話はこうだった。 

小便器で用を足していると、「トントン」と個室のドアをノックする音が聞こえた。 

振り返っても、個室の前には誰もいない。あぁ、紙がないから内側から叩いてるんだ。 

そう思ったBは、用を足した後に閉まっている個室のドアをノックしてみた。 

しかし反応はない。試しに取っ手に手をかけてみたら、鍵はかかっておらず、ドアを開けると中には誰もいなかった。 

おかしいな、と思いトイレを出ようとすると、入口の端から左半分だけ顔を出した、学生帽を被った中学生風の男がじっとBを見ていたという。 

えっ、と思った瞬間顔はそのまま右横に滑るように消えていった。
 
あいつはいつトイレから出ていったのか、そう思ったBはAを問い詰めたという。 

しかしAは本当に何も見ていなかった。ずっとトイレ前に立っていたのだから、見逃すはずはなかった。 

AはBの見間違いだろう、と気にも留めなかったが、Bは「絶対見た」と納得していない様子だった。

それからおかしなことが起き始めた。 

休み時間にBがトイレに立つ等して何かしら教室を出ると、決まって入口ドアの端から顔を左半分だけ出し無表情でAをじっと見つめては、顔を引っ込ませるようになったのだ。 

Aは驚いたが、Bの体験を冗談扱いした自分に怒っているのだろうと、ふざけているのだと思った。 

しかし、それは何日も続いた。無表情で何度もじっと見つめられると、さすがに不快だ。 

いくら友人でも嫌らしい、とAは思った。 

そこでAはBをとっちめた。入口から顔出していたずらするのはやめろ、と。 

するとBはきょとんとして「俺そんなことやってない」と答えた。 

ふざけんな、と喉から出かけたが、確かにおかしいことはあった。
 
Bは顔を半分だけ出すが、その体勢なら肩も一緒に見えていないとおかしいはず。 

肩を出さずに平行に顔を覗かせることは、とても人間ができる体勢ではないと思われた。 

その日は移動教室があった。 

Aは何となく、少し前を歩くBに注意を向けていた。 

入口から顔を出しているのは、Bじゃなかったら誰なんだ? 

先行くBが廊下の曲がり角を曲がった瞬間だった、廊下の角からやはりBの顔が半分だけヌッと覗いた。

そしてやはり、生気のない目でAをじっと見つめていた。 

しかし、いつもと少し違っていた。 

Bの顔は、届くはずもない天井すれすれのところから出ていたのだ。 

Aは驚愕したが、Bを追いかけて曲がり角を曲がった…目の前には平然と歩くBの姿があった。Aは心底ゾッとした。
 
その日からAは、Bが教室を出る時は入口は絶対見ないようにした。

特にBの身に何かが起きることはないまま月日は流れ 
2人は高校を卒業、同じ都市内にある大学にそれぞれ進学することになった。 

学校同士が近いので下宿先を2人で探すことなり、なかなか良さげな物件を発見。 

物件の下見ということで、ABと不動産屋と3人で件のアパートを訪れた。 

その物件は割と築年数も浅く、最上階の小奇麗な部屋だった。

家賃も安い。 

ABは感動、不動産屋もニコニコ。ここを契約しようか、と話している最中ふと気付くとBの姿がない。

ワンルームなのにどこへ?と慌てるAと不動産屋。 

2人が何となくベランダへ目をやると、ベランダの左端からBの左半分の顔だけ、スーッと現れた。 

何やってんねん、とAが声をかけようとしたら 

「あんなとこ足場ないのにどうやって…」不動産屋が口にした瞬間 
Bの顔半分が高速で下にスライドしていった 

勿論Bの死は自殺ということで片付けられた。現在でも動機は不明のままである。