TSURU170321-45 mm-096_TP_V

もう10年近く前の話。 

私は友達と3人でキャンプに行ったんだ。 
砂浜でつながった無人島。 

私の地元で、中学の時はよくそこで遊んだ。 
夏場は家族連れも普通にキャンプするような島。 

私は女、AとBは男、中学の時の同級生。 
3人とも19歳だった。 
 
Bが一浪で大学に受かって、晴れて3人とも大学生になった。 

そのお祝いで、入学前にバーベキューでもしようってノリだった。
 
まだ4月で少し肌寒かったけど、テントをはれば問題なかった。
 
その無人島にはたくさんの防空壕が掘ってあって、 
中学生の時に肝試しをしたこともあった。 

その度に、軍服の幽霊が出たとか、子供の幽霊がとか、 
話題にはなったが実際に何か起こったことは一度もなかった。 

島は一周で2~3キロ程度だったと思う。 

南から北にまっすぐ島を縦断できる道と、 
島を一周するような道があった。 

南側が砂浜に接していて、東側がちょっとした港。 

北側と西側はほとんど岩場だった。 

北側は比較的平らな場所が多くて、私たちの遊び場もほとんどそこだった。 

西側は、島を一周する道も途中で途切れていたり、雑草が多かったりで、ちょっとした探検気分で行く以外は行くことはなかった。

キャンプ当日も、私たちは北側の平地にテントを張った。 

バーベキューもそれなりに楽しく終わって、3人で川の字になって寝た。 

Bが肝試しをしようとか言ってたけど、Aも私も今さらめんどくさいと相手にしなかった。

次の日の朝、私たちはコーン、コーンという、釘を打つような音で目をさました。 

何の音だろうと気にはなったけど、音源を捜そうとまでは思わなかった。 

昼過ぎ、テントを片付けて島を出ようと島を縦断する道を歩いていくと、島を一周する道を西側から歩いてくる5人の団体と鉢合わせした。 

彼らは2m近くある古びた板を20枚以上運んでいて、全員作業服を着ていた。 

彼らは軽く会釈をすると、そのまま島から出て行った。 

ふと彼らが来た道に目を向けると、もう1人こちらに向かって歩いてくる人影があった。

あきらかに服装が違って、神主さんか何かだろうと思った。
 
その男の人は、まっすぐ私たちの前にやってきた。 

神主:君たち、昨日からここにいたの? 

A :はい、キャンプしてました。 

神主:そっか、う~ん、大丈夫だと思うけど、何かあったらここに連絡して。 

そう言うと、神主さんは私たちに名刺を差し出した。 

A :何かある可能性があるんですか? 

神主:いや、いまちょっと儀式をやって、こんな時期に島に人がいると思わなくってさ。 

A :この島で儀式なんかするんですか? 

神主:ああ、海開き前の安全祈願だよ。 

私 :ご苦労様です。さっきの人たちもその関係の人ですか? 

神主:あの人たちは、町役場の人。設営の手伝いをしてもらっただけ。 

私たちは、納得して神主さんが島から出て行くのを見送った。

Bがすぐに、儀式をした場所を見に行きたいと言い出した。
 
私も、子供の頃よく遊んだ場所に、そんなところがあるのは驚きだった。 

西側に向かって歩いていくと、彼らが歩いたであろう獣道が残っていて比較的簡単にその場所は見つかった。 

他の防空壕に比べると明らかに大きさの違う穴が海の方を向いて開いていた。 

高さも横幅も2m以上あったと思う。 

そして、その穴に真新しい木の板が穴を塞ぐように打ち付けてあった。 

塞いである防空壕はいくつもあったが、こんな塞ぎ方をされているのは初めて見た。 

私達が聞いた音は、これを打ち付ける音だったのだと思う。 

B :お、あれ、あそこから中見えそうじゃね? 

Bが指差したところを見ると、穴の左上あたりに、板と穴に隙間があるのがわかった。

背が届く高さではなかったため、AがBを肩車して中を覗こうと試みた。 

B :だめ、真っ暗。全く見えないわ。 

ってか、なんだこれ、板の奥にさらに布が目張りしてある。 

そういって、Bが板に少し体重をかけた時、バリバリッと音がして、一番上の板がはがれてしまった。 

AとBはバランスを崩して尻餅をついていた。 

私 :ちょっと、大丈夫?怪我してない? 

B :おまえしっかり支えろよ・・・あぶね~。 

A :いや、お前が上でバランス崩すのが悪いだろ・・・ 

とりあえず、AもBも怪我はないようだった。 

改めて穴を見てみると、剥がれた板の奥に真っ黒な布が張ってあるのがわかった。 

A :板の奥にさらに布って、普通じゃなくない? 

B :なんつーか、元に戻して帰った方が良いと思う。 

そう言って、二人は剥がれた板を元に戻し始めた。 

ただ、長さが2m以上ある板を肩車の状態で固定するのはちょっと無理があって、どうしても板の反対側を抑える人が必要だった。
 
周りを見回すと、海にはいくつも岩が落ちていて、 
それらを積み上げれば簡単な踏み台は作れそうだった。

AとBが数回往復して、50センチほどの踏み台を穴の右側に積み上げた。 

身長の関係でAが私を肩車して、Bが板の反対側を抑えることになった。 

Bはぶーぶー言っていた。Aは重い、足が太いと言っていた。 

私はとりあえず、Aの頭を数回叩いておいた。 

板を元の場所に戻そうと持ち上げた時、板の奥に張られた布が 
少し剥がれていることに気づいた。 

私は、AとBにそのことを伝えて、先にそっちを直そうと言った。
 
元に戻そうと布を少し引っ張った時だった。

西に傾きかけた太陽の光が私の背中に当たるのを感じた。 

同時にほんの少しだが、布の隙間から穴の中が見えた。 

そこにはおびただしい数の御札が張られていた。 

縄に括り付けられた御札が穴の中を埋め尽くしていた。 

そして、・・・・・・私は見てしまったのだ。

御札の隙間に見えたもの、それは間違いなく顔だった。 
まっしろい能面のような顔。 

目は細くまっすぐ顔の端まで伸びていた。 

真っ暗な中で、その顔だけが白く浮き上がって見えた。 

黒目、白目の区別はつかなかったが、間違いなく目が合ったのを感じた。 

すると、それは三日月形の口を大きく横に広げ、にやりと微笑んだ。 

私は悲鳴をあげ、板を突き放すようにしてAと一緒に後ろに倒れた。 

それからのことは、よく覚えていない。 

気がつくと私は病室のベッドの上にいた。 

AとBが、私が頭を打ったのだと思い病院に運んでくれていた。 

親も来ていて、事情は二人から聞いていた。

AとBは、医者から特に問題がなさそうだという結果を聞いてから、もう一度同じ場所に戻って穴を塞ぎ直してきたそうだった。 

目を覚ましてから、二人から何があったのか聞かれたが、 
見たもののことを自分でも信じたくなくて、御札があって怖くなったとだけ伝えた。 

二人も塞ぎに言った時に、御札があったことは確認していた。
 
何となく、三人ともあの穴がなんなのか言及するのを避けていた。 

私はその日のうちに家に帰ることができた。 

親からはいい年して子供みたいなことを・・・と叱られた。 

本当はその日のうちに東京に戻る予定だったのだが、 
頭を打った(ことになっている)から体調に問題がおきるといけないので、とりあえず自宅に一泊することになった。 

私が見たものは何だったのだろうか。