TC9V9A3937_TP_V

大学二年の夏休みに入るちょっと前からだったかな。 

コンビニやらスーパーやらの入り口…とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。 

それまでは普通に使ってたコンビニなのに自動ドアが開かない。 

立ち位置変えたり色々やっても開かず、店員が気付いて内側に立って開けてくれたのは良かったんだが、買い物済ませて出る時になってまた開かない。 

ええー?と思いながらもまたもや店員がドアの前に立つとあっさり開いた。 

何でしょうね、みたいな事を言いつつ互いに首を傾げた。 

で、それから一ヶ月以上の間ずっとそれが続いた。 

そのコンビニだけでなく、近くのスーパーやゲームショップ、電器店までどこに行っても自動ドアが開かない。

コンビニは3回目くらいで毎回右往左往してるのが恥ずかしくなって行くのを止めた。 

どうしても買い物って時には友人と一緒に行くか、人が多い時間に行って共連れで入って、出る時も共連れで…みたいな事をしてた。 

幸い大学の建物には自動ドアは導入されてなかったので留年の危機(夏休み前=試験シーズンなので…)には至らなかった。 

とは言えその頃一人暮らしをしていた俺としては、食料品やらの買い出しにさえ気を使い、どこに行くにも後ろめたい思いをする、というのはなかなか精神的に堪える物があった。

事態が収まったのは前述の通り一ヶ月ほど経ってからだった。 

どうせ夏休みだし気分転換にと、田舎(実家ではなく爺さん婆さんが住んでる田舎。本当にド田舎なのでコンビニも無い)に遊びに行って一週間ほど畑仕事の手伝いやら何やらの自動ドアとは縁がない生活を送ってた。 

で、田舎から一人暮らししてるアパートへの帰路で、自宅最寄り駅前のコンビニに寄ったらあっさりと自動ドアが開いた。 

その時は正直「おおっ!」と思ったね。 

アパートに帰り着いてから最初に事が起きたコンビニを始め、近場の店に何軒か行ってみたところ、これまでの事が嘘かのようにどの自動ドアもあっさり開いた。

あれからもう5年くらい経つが、あんな経験はあの時だけだったな。 
それでも結構印象的な体験だった事もあってか、未だに夢で自動ドアの前に立ち尽くす夢を見たりするし、たまーに反応が悪い自動ドアがあったりするとビクってなる。