PP_rock02_TP_V

この呪いは、部族の領土を白人に奪われ1811年にティピカヌーの戦いでウィリアム・ハリソンに殺されたインディアン部族、ショーニー族の酋長テカムセ (あるいは予言者であったテカムセの兄弟テンスクワタワ)によるものとされるという。

その「呪い」は20年ごとに選ばれる大統領の死を呪ったものといわれる。

いくつかの資料では、テカムセが死んだとき彼の母親が呪いをかけたとされるが、確固たる証拠はない。

1800年
- トーマス・ジェファーソン、任期満了、退任17年後の1826年に死去した。

1820年
- ジェームズ・モンロー、任期満了、退任6年後の1831年に死去した。

1840年
- ウィリアム・H・ハリソン、1841年4月4日に肺炎で死去した。

1860年
- エイブラハム・リンカーン、1865年4月14日に暗殺された。

1880年
- ジェームズ・ガーフィールド、1881年7月2日に暗殺された。

1900年 - ウィリアム・マッキンリー、1901年9月14日に暗殺された。

1920年 - ウオレン・G・ハーディング、1923年8月2日に心臓発作で死去した。

1940年 - フランクリン・ルーズベルト、1945年4月12日に脳溢血で死去した。

1960年
- ジョン・F・ケネディ 、1963年11月22日に暗殺された。

1980年
- ロナルド・レーガン、1981年3月30日に暗殺未遂、任期満了、退任15年後の2004年に死去した。

2000年
- ジョージ・W・ブッシュ、いくつか事故(後述)があったが任期満了、存命中である。

ザカリー・テイラー(20で割り切れる年以外に選出され在職中に死去した唯一の大統領)は1848年に選出され、果物の食べ過ぎによる消化不良で1850年に死去した(毒殺説も存在したが、後年の研究で否定された)。

なお、彼らの内、リンカーン、マッキンリー、F・ルーズベルト以外は20で割り切れる年に最初(唯一)の当選をし、最初(唯一)の任期中に死去している。