TSU885_omowakugamidareru_TP_V

北海道の渡島半島のとある峠道。 

日差しがジリジリと照り付ける中、車内は、クーラーが効かずにかなり暑くて俺はイラついていた。 

峠に入ってしばらくして、前にえらい遅い車が居た。 

60キロ制限の区間を、30~40キロで走ってるのだ。 
周囲に車はなく、2台でトロトロトロトロ走る…。 

追い越し禁止区間を何とか1時間ほど我慢して耐え、追い越して家に帰ってきた。

(いや~、暑かった。しっかしあの車、遅かったなあ!) 
…と思い返してて、奇妙だった事に気付いた。 

追い抜く寸前、俺は後ろからその車内を見た。 

その車は、物が乱雑に詰め込まれた、今時見ない「古ぼけたライトバン」だったが、 

運転手の後ろ姿が異様だったのだ。 

首から上が、黒くぼやけた煙みたいで、ボウリングのピンみたいに細い。 

頭の幅が、5センチくらいでユラユラ横に動いてた。 

俺はその時、運転しつつ毒づいてた。「何だあのぼやけた頭は!妖怪かよ!」 追い抜きながら、横から運転手をよく見ようとしたが、鏡みたいに窓が反射してて中が見えない。

追い抜いた後に、ルームミラーで後続車の運転席をチラチラ見た。 

その車は、フロントもリアも窓の部分は日が差してて明るいが、 
何故か車内はべったりと墨塗ったみたいに黒くなってて、 
運転手も闇に包まれてる様子で、どういうわけか判別つかず。 

…と、ここまで思い出した。

興奮してたから不気味さに気付かなかったのか、 何かがわざと気付かないようにしてくれたのか、いまだに判らん。 

それからその車を見かけた事は一度も無い。2010年の事。