MSA0I9A5161_TP_V

昔、今とは別の仕事してた頃の事。 

その日はいつもいる支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図片手に歩いてとびこみの営業の仕事だった。 

目的のエリアに着いて「さて行くか」と歩き始めてしばらくすると、地図では黒く塗り潰されていた1軒の近くで足が止まった。 

「…あれ?誰かいる…?」

そこは古びた一軒家で、カーテンで中はわからないはずなのに、なぜか「いる。」と確信。 

「こんにちわー!」 

玄関前で何回か呼んでみたが返事がない。 

‘出てこないか…’とちょっと引き返したその瞬間、「何か御用ですか?」とその家の中から声がした。

家の中からお婆さんの声がして、慌てて戻って話を始めたがなぜか玄関は開かないまま話は続く。 

自分:「玄関、開けてもらえませんか?」 

婆:「…私じゃ開けられないんです。力が弱いもので。…ところであなた、私と話してて不思議に思わないんですか?怖くないですか?」 

自分:「???別に何も…?」

自分:「お一人で住んでらっしゃるんですか?」 

婆:「いえ、住んでるって訳じゃないです。」 

自分:「え?通ってるとか…?」 

婆:「そうじゃなくて…。前はお爺さんが一緒にいたんですけど、ずっと前に遠くに行ってしまって。私もそこに行きたいんですけど、自分ではどうしようもなくて…」

自分:「じゃあこれ外から…?その閉めた人に言ってきましょうか?」 

婆:「近くにいる〇〇さんなはずですけど…いいんですか?」 

自分:「だって行きたいんですよね?」 

婆:「…はい。一人はもう…。じゃあ、すみませんが…。」 

で、その言われた家に行ったら、主人から話し出す前に開口一番言われた。 

「今あの家に行った?あそこには誰もいないはずだが、誰かいたかい?」

それでさっきのお婆さんとのやりとりを話した。 

おじさんは緊張した面持ちで聞いていた。そして 

「わかった。後でちゃんと開けておくから。ところであんた、幽霊とか見えるのかい?」 

自分:「いえ、全然。見たことないですww」 

おじさん:「今まで一度も?ふーん…。変わった力だね。」 

とりあえずお昼だったので、支店に帰っての報告でその話をしたら「ついにやっちまったか!」とみんな大騒ぎ。 
ちなみに自分がこのお婆さんが幽霊だったと知ったのは10年近くたってからの事だった…