MIYAZAKIDSC_1950_TP_V

半年くらいまえに沖縄の北部で体験したこと。 

当時免許取りたての俺はドライブをするのが好きだった。 

そしてある日、運転もずいぶん慣れてきたということで沖縄の北部を海沿いに一周してみようと考えた。 

ルートは西海岸沿いに北上していって辺戸岬までいって東海岸沿いに南下し、自分の家の東側くらいまで来たら家の方向に向かう、かかる時間は気にしない、そんなプランだった。 

朝は少し寝坊したので昼飯を食べて、グーグルでルートを確認してから出発した。 

順調に北上していきつつ、いろんな店に寄り道したりしてたので名護につく頃には夕方になっていた。 

夕飯を食べ終えて休憩を済ませた俺は再び辺戸岬方面へ向かってドライブし、辺戸岬につく頃には8時くらいになっていた。

まあ辺戸岬では怖い体験とかなかったんだけどね。 

辺戸岬を出発し東海岸沿いに南下し始めたけど、想像してたよりも山道に時間がかかり疲れてしまったので、マングローブが有名?らしい公園の駐車場で休憩することにした。 

外に出てみると星がよく見えてめちゃくちゃ綺麗だったので外を散歩することにした。 

これから帰る時に通るであろう道を10分ほど歩いていると左の方に道とバス停を発見したので、その道に入っていった。

そこは見た範囲では家と空き地が半々ぐらいの、発展途中の住宅街みたいなところだった。 

その辺を散歩しているとふとある道が気になった。 

そこは自動車が1台分だけ通れそうな場所で下り坂になっており、方向的に海側に行けそうな道だった。 

俺は、もしかしてこの先に綺麗な砂浜があって、そんな場所で綺麗な星を眺めれるかも!! とか冒険心をくすぐられ、期待しながらその道を下っていった。

2分ほど歩いたところで俺の夢は打ち砕かれた。 

道がU字に曲がっていて方向的に180度ターンさせるような感じの道になっていた。 

しかも上の方から流れてきた水がU字のちょうど折り返しのところに溜まっていて、コケみたいなのが生えたり、なんかヤゴとかカエルとかがいそうな感じになっていた。 

通ろうと思えば通れそうだけど足とか滑べらせそうな感じ。 

しょうがないのでその場所でしばらく星を眺めてそれから車に戻ることにした。 

ぼーっと星を眺めてると首が痛くなってきたので目線を海方面に向けた。 

そこで変なことに気がつく。 

俺がいるU字の道と海の間には草やら木やらが生い茂っていたんだけど、そこから白い人型のモヤみたいなのがだんだんこっちに近づいているような感じだった。 

最初は霧か気温の差とかでできる雲的な何かだと思ってたけど、だんだん近づいてくるにつれてそれが何かわかってきた。

それはカンプー頭(カンプーでググると髪型出てくると思います)で昔の沖縄の着物みたいなのを着ていて首が90度以上は曲がっている女の人だった。 

は?ってなった。 

それがだんだんスーッって近づいてくる。上半身ユラユラしながら。 

さらに後ろから3人くらい来る。兵隊だったり、昔の沖縄の男の人みたいなのとか。 

しかも全員首が90度近く曲がってて上半身ユラユラで。 

俺はすぐに来た道を走って駆け上がり、全速力で街灯のある場所まで戻った。 

そこで後ろを振り返ってみた。 

何も無かったけどまだ怖かったのでまた全速力でバス停のところへ走り、早歩き→体力回復→走る→早歩きと何回か繰り返して車まで戻った。 

公園の駐車場につくとすぐにエンジンを掛けて名護に向かって行った。 

無事コンビニについた時にはめちゃくちゃ安心した。 

そしてそこからは怖かったので何度もミラーを見たり念の為に無意味に別の道へ曲がって元の道に戻ったりと、追跡を巻くような感じで家に帰った。意味は無いと思うけどそうしないと気分が落ち着かなかった。

以上が俺が体験したことです。 
この体験以来、特に変わったこともなく過ごしています。