N912_jyukaitokoke_TP_V

4年前の夏のことだけど近所の雑木林とか峠の林道とかでクワガタを探してて三体の首吊り自殺体を見つけたことがある 

藪漕ぎが嫌だから普段なら入らない場所に何故か足が向いた 

蜘蛛の巣を払いながら藪を歩いてると何か腐ったような臭いがしたが気にせずズンズン進み秘密の一本クヌギのポイントを目指した 

腐敗臭は段々と強くなってきて、もしかしたらと嫌な感じがしたけど、せっかく苦労してここまで来たのに引き返すことが出来ずに一本クヌギに到着 

クワガタもたくさん採れて、さあ帰ろうとした時に女性の小さくふりしぼったような声が。 

言葉ではなくすすり泣くような感じ 

なんか絶対にヤバイなと思ったけど声の方向へ歩くと強烈な悪臭と、ものすごいハエの羽音がしてた 

ふと前方にある大きな木が目に入り恐る恐る近づくと案の定人がぶら下がっていた 

しかも三体、衣類を見て一人は女性だと判った 

首が30cmくらいに伸びており、ものすごい数のハエがたかり、まさに地獄をみたような気がした、すぐさま警察連絡したけどあんな思いはもうごめん 

あとで聞いた話では自殺した三人は親子で死後2ヶ月近く経ってたらしく下半身は野犬か何かが食ったらしく一体は地面に落ちててボロボロ状態ですごく大きなウジがそこらじゅう這ってて逃げ出したいほどだった 

何の原因で親子三人が自殺したのかは知らないがあれ以来トラウマになり好きだったクワガタ採集も行かなくなった 

あの時聞いた、すすり泣くような女性の声はなんだったのか今でも気になる